2017年12月15日 (金)

No.658 カレンダーの変更です

12月のカレンダーの変更です

23日(土)24日(日)のランチをお休みさせて頂きます。
2017_22_1

2017年12月12日 (火)

No.657 泡でびっくりエスプーマ

12月も半ばとなり、2017年を振り返るこの頃。

前の浅野屋の閉店直前でバタバタしていたのが、

一年前とは思えないスピードで毎日が過ぎ去っていきます。

今年は前店の閉店と、

新店の開店という1つの大きな節目の年になりました。

節目といえば、私たちが店のことで忙しくしている間に家庭では、

次女が結婚して親元を巣だって行きました。

とはいえ、大学卒業後の就職、再びの学業と

ずっと親元離れての一人暮らしでした。

でも親としてはいつまでも子どもという気持ちが抜けないままだったのが

ついにアラサーにして飛び立ちました。

師走にはいって初めのお休みの日に、

来年予定している結婚式の食事の試食に娘と

京都のTホテルに出向きました。

あまり期待もせずに行ったのですが、美味しくて、美しくて大満足。

S001

別々を頼んだ2つのコースのどちらにするか、

二人とも、大いに迷ってしまいました。

メニューの中に「鮮魚のマリネ だし醤油のエスプーマ」という一品が

ありました。醤油が泡になっていて、ふんわりしていてお魚に絡めると

とても美味。

S006

その後も魚料理の付け合わせとして、

「伏見純米酒と昆布のエマルション」という名で魚に

真っ白な泡を盛り上げて添えています。

S009_2

流行りだなーと帰宅してシェフに報告すると

「何でも泡にしてみんなをびっくりさせるヤツ」と、明快な一言。

一頃大ブームとなり、今は閉店したスペインの山奥の有名レストラン、

「エルブジ」のオハコだったなと、私も思い出しました。

エスプーマを調べてみると「軽く持続性のある泡」と出てきます。

フォアグラやじゃがいものような固形物から、メロンやトマト、

また、醤油や抹茶などの液体の食材を専用の器具に入れ、

ゼラチンなど繋ぎになるものを入れた上に亜酸化チッソガスを注入すると

あら不思議。もはや元の姿ががなんであろうかわからない、

何でもアワアワになって出てくる不思議。

そりゃびっくりもし、驚きもごちそうの1つとなります。

先日、かき氷を一緒に行った学生のkさんも 

「かき氷のエスプ-マ流行ってますね。めっちゃ美味しそう」と

学生さんの口にも昇るようです。

何でもかき氷のソースをエスプーマ状にして、

氷との食感を楽しむようです。

一品、一品、手の込んだ、

華やかなハレの日のお料理を娘と二人で堪能して、帰途につきました。

泡でびっくりの1日でした。

S004

これは和洋折衷コースの一皿。美しい盛り付けにうっとり

.

2017年12月 8日 (金)

No656 クリスマス・メニューのご案内

遅くなりましたが、今年のクリスマス・メニューです。

お席が少ないので、是非ご予約をお願いします。

2017xmas1_1

.

2017年12月 4日 (月)

No.655 小春日和に誘われて、かき氷

12月初めの日曜日は、寒さの中にもお日さまの暖かさを感じる、

まさに小春日和。

「こんな日に散歩したら気持ちいいね」ということで、話がまとまり、

ランチとディナーの間のわずかな休憩時間に、

浅野屋ご近所の話題のかき氷専門店へ学生スタッフのKさんと突入。

この夏にオープンしたかき氷専門店の「エーココット」は、

営業日が何と浅野屋より少ない週4日。

S017

しかもいつも行列と聞き、暑い間は行けずじまいでした。

すっかり忘れていましたが、今日のポカポカ陽気に思い出す。

さすがに行列はなく、店内も空席が目立っていたので、

すぐにいただくことができました。店内はオール女子。

入口のメニュー決めでさんざん悩み、

S011

Kさんは「洋梨バニラミルク」を、

S012

私は「しるここなっつ」にしました。

S015


かき氷機の動きに合わせて、時々手で固めながら盛っています。

真ん中に具やソースを挟みもう一度かき氷を固め、最後にまたソースと具。

テーブルの上に来たかき氷はフワフワの氷に甘さ控え目な上品なソース。

素材の味を活かしています。

洋梨バニラを一口食べたkさんは

「あれ、アイスクリームを食べてるみたい」と。

バニラビーンズがこれでもかとふんだんにちりばめられていました。

私のしるここなっつは、ココナッツ好きにはたまらない、

ザ、ココナッツ味。しかも汁粉が嫌みなく合います。

こんな組み合わせもあるんだとジャム作りのヒントが満載です。

残念なのは、食べすすめるうちに、やはり氷が液体になってしまったこと。

最後まで同じ味で単調になることでした。

やはり、夏に埼玉まで食べに行った天然氷は別格だったんだと、

自分に言い聞かせながら帰途につきました。

私たちが食べていると一人で1650円という会計をしている人がいて、

ええ? 確か800円から900円なのに。

そうです。一人でかき氷を2つ注文している‼ 

しかも他の席でも一人で2つ。

ほとんど間隔を空けずにすぐ食べていらっしゃいました。

エーココットに行った私たちの今日一番の驚きは、

かき氷を2つ食べる人がいることでした。

因みに私たちもちろん1つで満足して、

帰ったら短い残りの休憩時間にkさんは勉強。私はお昼寝でした。


.

2017年11月30日 (木)

No.654 営業時間のお知らせ

12月1日 (金) のディナー開始時間は6時に変更をお願いします。
急なご予約が入り、開始時間が少し遅れます。ご迷惑おかけしますがよろしくお願いします。

また、先にアップした12月のカレンダーのうち、15日夜が貸し切りとなり、通常営業はお休みに変更になりました。お間違えないようお願いします。

No.653 12月のカレンダーです

12月のカレンダーです。


23日24日のクリスマス・メニューはもうすぐご案内します。

29日(金)からお休みに入ります。

新年は5日(金)より営業いたします。

よろしくお願いします。

2017_2_1


.

2017年11月25日 (土)

No.652  晩秋

今年のボージョレヌーボーは、すべて終了いたしました。

お飲みになった方は口々に美味しいとのこと。

初物のフレッシュさと甘い香りに誘われて、おかわりが多かったです。

実は後、1本、自然派ワインの雄、

フィリップパカレのヌーボー 6000円がまだ残っています。

お飲みになりたい方はお早めにどうぞ。

ヌーボーが終わると町は晩秋。

秋は駆け足で過ぎて行き、毎年紅葉見物は行きそびれていますが、

出勤途中の千種公園の大きないちょうの木に夕方の太陽が当たって、

美しいです。

S003

S010

義母が銀杏を拾って来ては、その臭さに閉口していたのも、

今は思い出となりました。

落ち葉を踏むカサカサと言う音が好きで、一年のうち、

一番好きな季節は秋、

と言っていたのは若い頃。

この頃は春夏秋冬、どの季節にも良さがあり、

それぞれの季節に思い出があり、いとおしく思われます。

もうすぐからすみも出来上がります。

そしてお客様からはクリスマスのお尋ねも出てくるようになりました。

すでにご予約も入っております。

メニュー等できしだい、ブログアップしますね。



.

2017年11月17日 (金)

No.651 ボージョレヌーボー解禁

今年も11月第3木曜日、ボージョレヌーボーの解禁日となりました。

街角のあちらこちらで試飲も盛んなようですが、

皆さん、今年のヌーボーはもう飲まれましたか?

浅野屋では、ジャンボワ スリエのビラージュヌーボーを開けました。

開栓と同時に甘いベリーの香りが立ち、色も濃くて美しいです。

今年も出来映えは上々。充分楽しめるヌーボーです。

16日から18日までの3日間はボージョレヌーボーフェアで、

グラスもボトルも半額でお飲み頂けます。

50ml 150円~とお気軽にお楽しみいただける3日間です。

解禁日は、お客様のご要望で、フィリップ パカレのヌーボーも開けました。

こちらも甘い香りが更に広がり、フィネスがあり喉ごしも良いけれども、

滑らかなタンニンも感じるものでした。後、数種類、ご用意があります。

ヌーボーに合わせて、生ハムやチーズもそろっております。

オードブル3種盛り合わせは特別メニュー。

S035

鱧のエスカベーシュ、ビーツのチーズ合え、

冬瓜のゼリー寄せとからすみです。

1000円(税込)

ヌーボーを楽しみながら、男性のお客様の会話。

「でも職場では誰も話題にならなかったね。」そ、そうなんですね。

因みにその方の奥様の職場では社員食堂で

ヌーボーを楽しむ会があるとか。うん、うん。

一頃よりは騒がなくなったけれど、私にとっては晩秋の風物詩。

めっきり寒くなって来ました。

真っ赤なワインと美味しいつまみであったまって下さい。

S039


2017年11月 9日 (木)

No. 651 営業日のご案内

ご予約がこみあっております。以下の日にご注意下さい。

11月11日(土) ディナーはカウンターのみ空きあり

   13日(月) ご予約貸し切り 

   16日(木) ヌーボー初日ですが、カウンターのみ空きあり


 勝手いたしますが、よろしくお願いします。


.

No.650 ボージョレヌーボーフェアのお知らせ

店の移転開業の他にも、色々な出来事が重なり、

慌ただしい毎日を過ごすうちに、季節はいつの間にか11月も半ば。

あちらこちらからの紅葉の便りと共に、

今年もボージョレヌーボーの初荷が空港に到着したというニュースが

届いています。

ハロウィーンにすっかりおされ気味のヌーボー。

でも、今年も出来映えは上々とのこと。大人の季節の恵みをお祝いましょう。

ボージョレヌーボーフェア やります。

11月16日(木)解禁日、17日(金)、18日(土)

この3日間に限り、ボージョレヌーボーグラス、

ボトル共に半額でサービスいたします。

今年も昨年好評だった、ジャンボワスリエ ヴィラージュヌーボーを

ご用意して、お待ちしております。

  ボージョレヌーボー (50ml) 150円 (通常280円)

              (120ml)  300円 (通常600円)

              (720ml)1800円 (通常3500円)

お気軽にお味見していただける50mlからのご提供です。

S006

ワインに合う、ハムやチーズ、オードブル盛り合わせもご用意いたします。



.

 

«No.649 からすみ作りと深夜の…