2017年10月22日 (日)

No.646 台風により撤退

本日は台風接近のため、勝手ながら午後7時で閉店させていただきました。

台風の接近はもう少し後のようだけれど、心配していた通り、皆さん用心されて、お出かけありません。今のところディナーは2名。風が強くなる前に撤退する事にしました。悪しからずご了承下さい。
なお、あす23日ディナーは通常営業いたします。

No.645 爽やか、かぼすサワー

ご好評いただいている自家製ジンジャーエールの他にも、

ノンアルコールの季節感のある飲み物を何かできないかなと思い、

季節のフルーツを使ったサワードリンクにチャレンジです。

第一回は「かぼすサワー」です。

独特の清涼感溢れるかぼすをりんご酢と蜂蜜と砂糖で漬け込みました。

お勧めは炭酸割りですが、寒い日にはお湯割りでホットも美味しいです。

クエン酸たっぷりで疲労回復にも。

S015

爽やかな香りでお食事を引き立てます。

焼酎やビールの割り材としても活躍しそうで、これから色々試して見ますね。

それにしてもまたしても台風 !日曜日に直撃は今年2度目と当たり年。

さてさて、どうなることやら、そして選挙もどうなることやら。

かぼすサワー(ノンアルコール) 500円(税込)

S016


.

2017年10月18日 (水)

No.644  こっそりカキフライ

長雨の後に、一気に寒くなり、衣類の調節、体調管理に気を使うこの頃です。

10月の声が聞こえれば、カキフライの季節到来です。

実は今月5日頃から始まっていましたが、ご案内がおそくなりました。

例年通り、三重県は鳥羽、浦村の美味しいカキです。

シーズン初めのさっぱりとしたお味をお楽しみ下さい。

カキフライが始まるとシェフは1つ1つのカキにパン粉をつけ、

フライヤーに入れた後も1つ1つひっくり返し、いつも腱鞘炎になります。

約5粒のカキフライも20皿出れば100回手を動かすことに。

今年は加えて、揚げ物をするフライヤーが、前の店に比べれば、

うんと小さくなり、一度に入れられる量が少なく、苦心しているようです。

少しお時間をいただくことがあるかも知れませんが、お許し下さい。

それでもやっぱりカキフライ食べたいもんね。

カキフライ定食  1500円(ご飯、赤だし付き) 

S032

20171002_1

2017年10月12日 (木)

No.643 珍しい、糸うり

新潟は十日町の旧知の知人からお野菜が届きました。

昨年、京都の親鸞聖人の足跡をたどる旅をご一緒した後には、

ミニカボチャや取れたてハーブを送って下さり、

どれも美味しくいただきました。

今年は突然に重たい宅急便が届き、開けてびっくりです。

お昼にケータリングがあり、夜は祭日の営業で、

ふらふらになって帰宅したけれど、食いしん坊の血が騒ぎます。

S002

早速、入っていた栗を茹で、パクり! 

中でも目を引いたのは「糸うり」と書かれた30cm近くもある

黄色いラグビーボールのようなもの。

確か「そうめんカボチャ」というんじゃないかな?

S006

調べて見るとカボチャの仲間で、新潟、長岡の特産野菜ということです。

それにしても、あの小さなHさんが畑でこんな大きなものを収穫して、

きれいに洗って、送って下さったとは。

早速、翌日書いてあるように調理して見ました。

固い。大きい。なかなか手強い。包丁でも歯が立たず、レンジで2分チーン。

S009

レンジにもギリギリ入った。少し柔らかくして、輪切りにして、

大きな鍋で茹でる。うーん、一番大きな鍋でも入り切らない。

結局鍋を3つコンロにかけて茹でました。その後は水にとり、

フォークでぐるぐるするとあら不思議、

筋状におもしろいように外れてきます。

S011

後は甘酢につけて、しゃきしゃき、ツルツルいただきました。

美味しいし、喉ごしもよく、良い箸休めです。

S013

たくさんできたので、ご近所にもお裾分けしましたが、

皆さんとても喜んで下さいました。

浅野屋の皆さんには「旬野菜の冷製」に入りますよー。

寒くなるそうだけど、冷製、ま、いいか、美味しい。

Hさんのお手紙には「自分の都合の良いことにはげんでいます」と

書かれていて、笑ったのだけど、

私も忙しくても美味しいことにはげんでいます。

郷土の野菜には滋味溢れるものが多いですね。

今年旅行した秩父には、しゃくし菜という菜の漬物がありました。

50cm近くある長いお漬物でしたが、

シャリシャリした食感がなんともいえずおいしかったです。

京都の堀川ゴボウなども、好きです。

いずれも全国区にならないのは、調理に一手間かかるからでしょうか。

その土地その土地の味が残ることは、まさに多様性。

素敵なことだと思います。


2017年10月 9日 (月)

No.642 晴天の運動会

運動会のお弁当は、無事、納品いたしました。

とにかく晴天だったことに、ほっと。

涼しかった昨日とうって代わり暑いほどの陽気に、

役員さんたちも汗だくの様子でした。お疲れ様です。

メンチボールと大きなエビフライをメインに、長芋とエリンギのマリネ、

S010

S011

生ハムやフルーツなど、どの年代にも好評だったとのこと。

お弁当は特に今日のような暑い日には、酢を使ったお料理が安心です。

S013

S014

あちこちで運動会日和だったようで、

夜の営業は5時半ダッシュでファミリーのお客様が多く来られました。

私たちには長い一日でした。



.

2017年10月 7日 (土)

No.641 すいすい?お弁当 営業のお知らせ

明日、10月8日(日)のランチ営業はお休みさせていただきます。

すでにお知らせしていますが、重ねてご案内です。勝手しますが、よろしくお願いします。
例年お受けしている運動会のお弁当のまとまったご注文があります。毎年天気にはヤキモキさせられます。 昨年は朝からまさかのどしゃ降り、でも時間調整で開催、一昨年は雨で延期、その前の年は台風でも強硬突破、とまあ、毎年ヤキモキです。
今年はどうやらお天気の心配はなさそうなので、着々、準備しています。どうか、スイスイいきますように。
なお8日のディナーは通常営業です。よろしくお願いします。

2017年10月 3日 (火)

No.640 10月のカレンダーです

10月のカレンダーです。

10月8日(日)のランチをお休みさせて頂きます。
申し訳ありませんが
よろしくお願いします。
2017__1

2017年9月21日 (木)

No.639  結婚記念日

「うーんと、何回目だっけ?」と考えないと出てこない結婚記念日。

当日は忙しく仕事だったけれど、

先日のお休みにシェフと二人でイタリアンのベルチエロさんへ

ご飯を食べに行きました。

いつもとっても美味しくいただきます。

特に魚と野菜とフルーツの使い方がうまくて、新鮮な出会いがあります。

湯引きした鱧に桃とジュレを合わせたり、

S20170919_124824

豊浜であがったノドグロのグリルに

ブイヨンで煮た冬瓜が添えてあったりと、

季節感も満載です。

Simg_20170919_130436

パスタはカマスのソテーとバジル・ソース。

S20170919_132929

慌ただしい毎日だけれど美味しいものをいただき元気が出ます。

特に暖かいものがお腹に収まると、なんかこう、

ほっとしてとても満足します。

その時ふと、頭によぎったこと。

連日のように耳にする「制裁」という言葉は恐ろしい言葉だな、と。

やんちゃを通すことはよくはないから、

制裁もいたしかたはないのかも知れないけれど、

それよりは、かの地の飢えている人々に暖かい食べ物が行き渡れば、

その方が平和に近いんじゃないかな?と。

もちろん、現実はそんな簡単なことではないでしょう。

複雑な国際情勢もわからず、簡単に言えることではないけれども、

それでもみんなが同じように「制裁」と言うのは

恐ろしいことだなと思えました。

豊かな食事は、気持ちも豊かに、頭もリフレッシュされ、

私も家族のために美味しいものを作りたくなりました。

敬老の日でもあったので純和風に、

きのこのおこわや、ホタテのソテーに焼きナスを添えたものを作りました。

冬瓜のブイヨン煮は一日置くととても美味しくなってました。

S20170919_213519


2017年9月14日 (木)

No.638 いちじくのジャム

朝晩は涼しくなり、すんなり秋風が吹き、いちじくの季節到来です。

という訳でいちじくジャムできました。

人気のジャムですが、私のお気に入りはりんごとのコラボジャムです。

いちじくは優しい味と粒々の食感がいいけれど、酸味のない果物。

この季節に新ものが出るりんごはいちじくにない酸味を補い、

また、ペクチンも豊富でジャムをまとめてくれます。

季節感も一緒に味わえる、「いちじくとりんごのジャム」できました。

S007


いちじくとりんごのジャム 280g 650円


                    160g 400円

 「生ハムとフルーツのサラダ」にもいちじく登場です。

桃と共に人気の取り合わせのいちじくと生ハム。こちらは一皿1100円

生ハムとフルーツのサラダには洋梨も出ました。

S002

今は早稲品種のオーロラですが、こちらもトロンとして、

生ハムの塩気とよくあってます。季節はもうすっかり秋ですね。

そういえば夕暮れがとても早くなってます。

 

2017年9月 7日 (木)

No.637 荒川源流の旅…イワタケに魅せられたおかみさんの話

佐美冷蔵を後にして、秩父市街地に戻り、

服飾史に興味のある娘の希望で、

大正、昭和初期に一世を風靡した絹織物、

秩父銘仙の織物工場の資料館を見学しました。

S181

S183

S188

仕事の工程の順に織機などがならぶ施設は素朴ながら、

貴重な資料がいっぱいでした。

S193

その後、昭和の面影を色濃く残す街並みを散策して、

S219

街から見える武甲山

S227

行きそびれた両神山の滝などに心残りを感じながら、帰路につきました。

最後に、イワタケ採りの名人、

茅葺き屋根のお宿のおかみさんの、お話を紹介しますね。

イワタケは菌類と藻類をあわせ持つ地衣類という仲間だそうです。

キクラゲのような姿をしていますが、

成長は非常に遅く一年に1mmと言われています。

しかも生えているのは、

標高1000mから2000m以上の乱気流の発生しやすい岩場ということで、

まさに命がけで採取に行くとのことです。

でも、おかみさん、なんだか楽しそう。

「岩登りは命がけ。無心で登るので、スカッとするんだ。

なんていうのかストレス解消と言うのか、空気が違うしな。

だから、やめらんねえな。」おばあちゃん、とってもかわいいのです。

イワタケを探して登って行くと、かもしかの糞が見つかる。

その上にはカモシカの寝床があるので、

カモシカが脚をかけた岩に自分も手足をかけて登って行くと滑らない。

イワタケは動物の生息エリアに生えているそうです。

またな、花の群生をめがけてたくさんの蝶が飛ぶことがあるんだ。

ものすごくたくさんの蝶に囲まれて、とてもこの世の光景とは思えない。

「だからやめらんねえんだ」

(後で調べると、それはとても珍しい渡り蝶、アサギマダラの群れでした)

秋には下から大きな竜が登って来るんだ。

なんだろうな、と思っていると、それはトンボの大群。

トンボの大群がある時期、ある場所に交尾のために集まって来る。

そういうのに出会うこともあるんだ。

セミもな、木にセミがいる、ではなくて、セミの木なんだあ。

セミが木になってるんだ。あんまりうるさくて、

自分たちの声も聞こえない。うるせえーというくらい鳴いてるんだ。

人には教えられないけど山一面がトリカブトの山がある。

紫と白とマダラと、一面が染まっている。

イワタケは2500m級の岩場で採れる。夏はちじこまって、

梅雨時、秋雨のころがよく採れるが、自分と息子としか行ける人がいない。

一度、秩父警察のお巡りさんがついてきたが、

「足が地面に着いてないと嫌だ」といってお弁当をもって待っていた。

山が好きだからここで暮らしている。

好きだから登れる。いろんなことがあったけど、

好きなことをやったほうがいいよ。

おかみさんの子供のころ、結婚して、離婚するまでのこと、

色々とお話下さいました。

決して平坦ではなっかった人生経験を聞きながら、

「好きだからやってる。好きなことをしたほうがいいよ」の言葉は

しみじみ心に染みて、忘れられない夜になりました。

S079

犬小屋も茅葺きでした。



«No.636 荒川源流の旅…天然氷蔵元