2018年10月10日 (水)

No. 722 おいしい夜

少し前のお休みに、以前から行って見たかった、

池下のイタリアン「オステリア.・リュウ」さんへ念願かなってお伺いできました。

シェフと奥様お二人は、ずいぶん前から、浅野屋のお客様です。

お伺いしてみて、手の込んだ数々のお仕事、

パンチの効いた味わいがストレートに伝わってきました。

まず、ドリンクメニューの豊富さにびっくり。

迷いに迷って、他ではあまりお目にかかることがない、イタリアのクラフトビール、

オレンジワインなどをいただきました。

白ワインの果皮や種を一緒に漬け込んで発酵させたオレンジワインは、

白でもロゼでもない色と味、色んな料理に合わせられそうでした。

私は、生ハムに添えられていた、モスタルダというものに興味をもちました。

かなりツーンとくるマスタード風味のジャムとでもいうのか、

生ハムとの相性も面白い味わいでした。

S006

色々美味しいお料理とお飲み物をいただいて、

シェフと二人帰路に付き「何が一番おいしかった?」との話しでは、

シェフはオードブルでいただいた、「仙鳳趾のカキ」。

こちらは絶妙な低温調理の火の入り加減に脱帽。

噂には聞いていた仙鳳趾のカキの旨味を引きだし、

その上にかかったふんだんなトリュフの香りは忘れ難いもので、

やっぱりなあ。美味しい。

仙鳳趾のカキとトリュフ

Simg_20181004_191702

私は、最後に飲んだエスプレッソのグラスに、

シェフが少し滴してくれたグラッパの香りが忘れられない夜でした。

おまけって、うれしいものです。

オステリア・リュウのシェフ、そしてホールをお一人でこなしてられた奥様、

ごちそうさまでした。

Simg_20181004_190220

クラフトビール(750ml)も3種類あります。

S010
 

「渥美旨味ポークヒレ肉のロースト、秋トリュフを削って」

お料理の量も「ハンパない」、味も勿論「ハンパない」です。


2018年10月 9日 (火)

No.721 恒例、運動会のお弁当

先日来、あちこちで運動会が開かれてる様子。体育の日を挟む、

この土日は特に運動会日和だったようです。

浅野屋でも、お帰りにお食事にいらしたり、

先生方が終わってから見えたりされていたようです。

そして、例年お請けしている、学区の運動会のお弁当を今年もお作りしました。

いくつもの町内が、それぞれのお弁当やおやつを用意される中、ずっと変わらず、

浅野屋のお弁当を頼んで下さる町内があります。

一般的な予算よりかなり高めなことは確か。

でも、これを楽しみに運動会に参加してる方もいらっしゃると聞くと、

うれしい限りです。

例年天気には悩まされます。今年も台風の影響が懸念されたので、

何日か前に日程の変更が決まり、助かりました。

お客様には、営業日の変更が相次ぎ、ご迷惑をおかけしました。

土日の営業は、なぜかいつも以上に忙しく、人手不足も重なり、

ディナーの終了後には大量の鍋と手洗いのワイングラスを前に、呆然。

「後、10時間後には、盛り付けだよね」といいながら、

なんとか片付けて急いで帰宅しました。

そして、無事納品。ほっとしましたが、月曜の夜はまたしてもスタッフ不足で、

二人で営業できる体力はなく、やむなくお休みとなりました。

今週は、金曜夜、土日昼夜しか、通常営業ができなく、

大変申し訳ありませんでした。でも、いつもにもまして、濃密な4日間でした。

 

例年リクエストのエビフライとメンチボールのお弁当。

016

今年は生ハムとフルーツとカボチャのオレンジ煮が付け合わせでした。

 

ずらり並んだお弁当。

014




.

2018年10月 7日 (日)

No.720 営業のお知らせ

勝手ながら、

10月8日(月)のディナー営業をお休みさせていただきます。


10月のカレンダーの予定変更です。よろしくお願いします。
例年、お請けしている、運動会のお弁当の日時が変更となり、ディナー時までの人手の確保が難しい状況です。ご理解のほど、よろしくお願いします。

10月5日(金)の日経新聞夕刊のコラム「味力」に当店が紹介されました。お手元おにあれば、ご覧下さい。

2018年10月 5日 (金)

No.719 営業のお知らせ

10月7日(日)のランチ営業します。

10月7日はランチのみ、臨時休業とお知らせしておりましたが、通常営業いたします。ご来店をお待ちしております。

2018年9月30日 (日)

No.718  台風による営業のお知らせ

先日の台風の爪痕も、生々しいうちに、またしても大型台風が日本列島を襲います。

ニュースによるとどうにもこうにも、影響は避けられないようなので、


 

9月30日(日)ディナー営業はお休みさせていただきます。


 

なお、ランチは通常営業の予定です。

今のところこういう予定です。よろしくお願いします。


.

2018年9月29日 (土)

No.717  10月のカレンダー

10月のカレンダーです。10月は早々に3連休をいただきます。ご注意下さい。

また、7日日曜日はランチ営業は休み、ディナーのみの営業となります。

またしても大型の台風ですね。

9月30日のディナー営業は今のところ営業予定ですが、

台風の進路によってはお休みになるかもです。ブログにてお知らせします。

 

9月はスタッフの休みが重なり、シェフと私の二人だけの日も多く、

お客様にはご迷惑をおかけしました。

先日も見かねたお客様がテーブルの食器をお下げして下さると、

次々と他の方も下げたり、テーブルを拭いたり、ご協力いただきました。

いつの日かセルフサービスの店になるかもです(たぶん、ないです)。

ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。2018_10


2018年9月25日 (火)

No.716 和歌山の旅 その3~和歌山B級グルメ

湯浅ではNさんご推薦の、「カワのパン」本店へ。

S133

ご当地バーガーグランプリで、見事、グランプリを取った「紀州梅バーガー」は

雑穀パンに肉厚の具材と見事に調和した大きなハチミツ梅干し。

石窯で焼きたてを出してくれるピザなどおいしい物ばかりで、

次々パンは出てくるけれど、お客様も次々入っていらして、棚はがらがらしてました。

ガイドブックには出ていないけど、「カワのパン」、

地元民に愛されているのもうなずけるお店でした。

今回は残念ながら、みかんの収穫には少し早いようで、

みかんの買い物はできませんでした。

調べておいた「みかん海道」は海岸沿いからみかん山にドライブコースがあり、

海とみかんというロケーションのはず。

S181

でも、あいにくの雨で海も見えないばかりか、濃い霧につつまれて、

「私達大丈夫か?」と不安になりながら、なんとか降りて来ました。

最後は、和歌山ラーメンを食べなきゃ、ね。

S20180920_161728

和歌山で子供の頃に食べた夜泣きそばとは違ったけど、

豚骨ガッツリ系もおいしかったです。

S193

郷愁の和歌山旅。和歌山は昔と変わっていない、温かな、心休まる、

そしておいしいものいっぱいのところです。

大切にしたい、海、山に囲まれた、日本の里を感じる旅でした。



2018年9月24日 (月)

No.715 和歌山の旅 その2~雨にしっとり古い町並み

旅館では、地元の漁港でとれたての海の幸をいただき、

静かな夜を過ごさせていただきました。とれたてアジのアジフライ。

サクサクしていて、フワフワで、家で食べるアジフライとはこんなにも違うかと驚き。

翌日はあいにくの雨で、欲張らない行程にしました。

関空が閉鎖される被害が出た、台風21号は和歌山でも風速50m以上を記録して、

あちこち道の不通や停電がおきていました。

真っ白な石灰岩が見事な白崎海洋公園もバンガローがぺちゃんこになり封鎖。

海岸線は開通したばかりでした。

特急で白浜への観光が多い和歌山ですが、

海岸線と山あいを縫うように走る紀勢本線の旅も素敵で,

レトロな「紀伊由良駅」を訪ねました。

20180920_103346

時間が止まったような駅舎。

20180920_103439

その後、醤油発祥の地、湯浅へ。

127

国道に面した醤油蔵の見学の後、古い町並みが残る湯浅の町中へ。

江戸時代から続く蔵や、店が雨に濡れてしっとりとした風情です。

S141

幕末から昭和60年まで営業していた銭湯などの見学も面白く、

何より、食べ歩きの店の一軒もない、清さがうれしかったです。

S149

本当に昔から続く暮らしぶりが伺える、大人旅にふさわしい佇まいでした。



2018年9月22日 (土)

No.715  和歌山の旅 その1~母の里

9月の19日、20日。一泊2日で和歌山へ出かけました。

母の里、和歌山は名古屋からは意外に遠く、行きにくく、すっかりご無沙汰でした。

子供の頃はしょっちゅう遊びに行き、親しかったお寺の奥様が、

お元気なうちに一度お目にかかりたくて、今回念願かないお伺いできました。

海南市下津町です。

国道を越え、村に入ると、狭く曲がりくねった道。新しい家は立っているものの、

青空にみかん山が周りを取り囲んでいる集落の景色は昔のままで、

都会の喧騒とはかけ離れた、静けさです。

027

家々の庭にもみかんの木が植わっていて、静かで伸びやかな暮らしが、伺われます。

母の実家のお嫁さんも加わり、

お念仏を中心とした日々の暮らしのお話をお伺いしているうちに日が傾いて来ました。

038

あっという間にお別れの時間になり、その日の宿、由良町の白崎海岸へ向かいました。

真っ白な岩肌が美しい白崎海岸には、

浅野屋スタッフのNさんのおばさんがやってらっしゃる旅館があります。

043

047

076

彼女とは和歌山話で良く盛り上がってましたが、

こちらも念願かなってお伺いすることができました。

.

2018年9月16日 (日)

No.714 営業のお知らせ

勝手ながら、

9月18日(火)、19日(水)定休日
  20日(木)、21日(金)臨時休業
させていただきます。

なお、17日(月)、24日(月)の祭日はディナーのみ営業します。 よろしくお願いいたします。

夏限定メニューのビーフカレーは、明日、17日で終了します。後、数食です。
次回、カレーの登場は1月です。
明日の「魚のフリット」は「鱧のフリット」です。先日は兵庫県の日本海で、2mを超える鱧が上がり、話題になってましたね。こちらも後、数食の季節限定の味です。フワフワの鱧をお見逃しなく。

今回の連休は少しだけ旅行に行きます。昨年は「行ったことのない県へ行こう」でしたが、今年は、「ルーツをたどる旅」です。
無事帰ったらご報告します。さて、何県でしょう?

«No.713 やってしまった