« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月27日 (木)

人生色々

 ワインが大好きな女性のお客様。

お仕事が休みの日のお昼にワインを飲んで、いつも「今から、

映画見てきまーす」とお休みを満喫されてる様子。

先日はお昼にいらした後、映画を2本見てきたと又、

夜お越しになって、ゆっくりワインを飲んでらっしゃいました。
「好きなワインを飲んで、好きなことを仕事にできて、幸せです」

と言われる彼女は、映画の小劇場で働いてらっしゃるとのこと。

なるほど映画三昧な訳です。
飲むほどに、口も滑らかになり、

15歳からの夢を回り道しながらも、

やっとたどり着けたとのことです。

フィルムを一人で回す最初の仕事はフランスの古い映画

「天井桟敷の人々」で、途中でフィルムが切れて、

15分も中断して、泣き泣き繋げたのも、良い経験だったと。

お客様からは「中断しても本読んで待ってるから、電気つけてね」

と言われ、以後は7分で直せるようになったとか。

今映画はデジタル化が進んでいるけど、

こんなお話も昔話になるのでしょうか。

ここにもネバーギブアップの人がいて、楽しい語らいでした。

翌日は以前結婚式のお手伝いをさせていただいたご夫婦がご来店。

約10年前にJRの列車で結婚式をされ、その折り、

列車の絵を描いたケーキを作って欲しいとのご依頼のあったご夫婦

です。新郎は大の鉄道ファンで、車掌さんの服装で、

長年の夢を叶えられました。
シェフも手のこんだ絵のケーキを2台作り、

私が名古屋駅から中津川駅まで、ご一緒して、

ケーキのサービスをお手伝いさせていただきました。

「お子さん大きくなられたでしょう。やはり、鉄道ファンですか?」

とお尋ねすると、「それが、あまり言いすぎて、引いちゃって…」

と笑いながら帰っていかれました。
お客様は10人いらっしゃれば、10人の人生がそこにあり、

そのほんの一瞬をこの小さな店で共有させてもらっているんですね。

毎日次から次へと、いろんな出来事があります。

2012年9月24日 (月)

しばらくお休み、ごめんなさい

S070_2


ブログをしばらくお休みしてしまい、すみません。

先日の9月16日は日曜日にも係わらず、私は休ませてもらい、

実家の大切な法要と父の米寿、母の喜寿祝いのため、

京都へ帰らせてもらってました。

その後の店の三連休は身体を休め、

あっという間に終わってしまいました。シェフもまた、

夏の疲れがでて、倒れてました。
私の父は商家の出ながら、一生の師に巡り会い、

仏門に帰依した人です。

88歳をなんとか無事迎え大勢の方に祝っていただけたこと、

私も大変感激でした。
娘からみた父はネバーギブアップ、そのもの。

ないからできないではなく、ないならないよう工夫して、

道を切り拓いて、今日に至っています。

両親の足元にも及ばないけれど、その姿勢は、

私のなかにも培われたなぁと思いました。
店の入口、右横の額は、父の書「無礙道」(むげどう)です。

歎異抄第七条「念仏者は無礙の一道なり」

より言葉を選んだものです。

2012年9月14日 (金)

3連休のお知らせとワインの思い出

勝手ながら、9月18日(火)、19(水)、20日(木)の3日間をお休みさせていただきます。
たまたま18日はシェフと私の結婚記念日、○○回目です。もうずいぶん昔のことになったけど、新婚旅行は東京食べ歩きでした。今考えるとフレンチ、日本料理、そば、寿司、ケーキとよく行けたねというお店に行ったのは、結局はいい財産になったような気がします。
出発の朝シェフのスーツケースの大きさに私はびっくり!えっ?こんなに着替え持ってきたの?実は スーツケースの中身は服ではなく、ワインだったんです。
私とワインとの初めての出会いはこの時だった気がします。それまでも飲んではいたけど、今ほど人々がワインと仲良くなかった頃。飲食業界ド素人の私には味も銘柄もさっぱりわからなかったけど、結構強烈な出会いでした。それから、自分がたくさんのコルク栓を開けるようになるとは、その時の私には思いもよらないことでした。
未だにワインの世界は右も左もわからぬ私だけど、自分が美味しいと思えるものをお薦めして、喜んでもらえると、とてもうれしいです
お休みよろしくお願いします。

2012年9月11日 (火)

バターナッツかぼちゃジャム出来上がり

001

 八百屋さんの店先で、変な色、形をしたかぼちゃを発見。バターナッツかぼちゃといい、ソテーしたり、砂糖を加えて煮てジャムにするとピーナッツバターのようと書いてある。ジャムの字を見ると買わずにおれない私。
確かにピーナッツが巨大化したような形で、切ると酵素で手がヌルヌル、香りはパパイヤのよう。
さっそく白ワインをたっぷり加えて甘く煮てみたところ、味が平板で、単なるかぼちゃの甘煮。これではジャムにならない。よーく考えてジャムを構成する、甘味、酸味、ペクチンの三つの要素の中で、酸味が足りないことに気づく。レモンをたっぷり絞っていれたら、みるみる美味しくなってきたよ。インスピレーションが広がり、干しいちじくを加えて、プチプチ感を、シナモンでいい香りの美味しいジャムができました。食パンより、クロワッサンなどのデニッシュ系にあいそうです。広がったイマジネーションがあたるとうれしいのは、物を作る喜びかな。
バターナッツかぼちゃのジャムは9月13日金曜日以降に並びます。

007

浅野屋洋食店のホームページ

http://www.geocities.jp/asanoya15/

2012年9月 9日 (日)

秋の便り

001_2

先日すごく暑い日中に、いつもご利用いただいている、女性のお客様が、歩いてお庭のお花を持ってきて下さいました。お食事の時よくガーデニングのお話しをお伺いします。私も小さな庭で超ズボラガーデニングを少しばかり。お花の話しは大好きです。丹精こめて育てれば、花はそれなりに応えてくれるし、道行く知らない方からもお声がかかったり。
お庭で、精一杯咲いている秋海棠の苗を頂いたので、さっそく半日陰に植えてみました。うまくつくといいな。
その日の夕方、今度はシェフの友人がさっき、採ってきたばかりといういちじくをたくさん持ってきて下さいました。とりたてのいちじくは、いい香りがして、剥くとねっとりとした粘液が。まさに木の精の雫のよう。さっそくコンポ-トにしてみました。
秋海棠といちじく…秋の便りがいっぺんにきた日。お客様とのふれあいの一コマです。

004

2012年9月 2日 (日)

りんごジャム勢揃いとご予約満席のお知らせ

001

まだまだ暑いけれど早や9月。八百屋さんの店先に新物りんごが並び始めました。数ある果物のなかで、私が一番好きなのはやっぱりりんごかな。幼少の頃より毎朝食べていたりんごは、お母さんの思い出です。りんごが食卓にない数ヶ月は寂しく、ある日新りんごを見つけると嬉しくなります。そんなりんごでさっそくジャム!
青森のサンつがるは酸味があまりないので、長野産ルバーブを加えました。(りんごとルバーブのジャム)  またりんごといちじくのジャムの上品なハーモニーはこの時期だけの季節の恵み (りんごといちじくのジャム)  加えて、アメリカ オレゴンの大粒ブルーベリーが少しだけ手に入ったので、2瓶のみできました。とても香りのよいブルーベリージャムです。
いずれも数に限りがあります。新物パワーで夏の疲れを吹き飛ばして下さい。
さて、9月7日金曜日夜はご予約満席となり、通常営業はお休みさせていただきます。よろしくお願いします。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »