« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月26日 (水)

働け、働け! そしてシルクロードへ

突然ですが、私は、6月末から中国シルクロードの旅へでかけさせていただきます。

仏教伝来の道を敦煌莫高窟を皮きりに、西に向かいます。

そう、三蔵法師がたどられた道、タクラマカン砂漠の北側をくるっと回ってきます

しばらくブログはお休みしますが、よろしくお願いします。

お店は通常営業です。スタッフ一同力を合わせ、留守を守ってくれるとのこと。

本当に行けるかと思ってたけど、ありがたいです。

ところが、家を出発する日の朝にケータリングの予約が突然はいり…。

あーあ、やっぱりすんなりとは出かけられないもの。

S012


S0106


働け、働けと言われてるような。もちろんご予約は、ありがたくお受けしました。

働いて、そして、シルクロードへ、では、行ってきます。

2013年6月23日 (日)

お礼と連休のお知らせ

開店14周年フェアの第一回目は無事終了しました。

木曜日、金曜日はあいにくの雨でしたが、

3日間皆さんから応援メッセージをたくさんいただき、ありがとうございました。

今日のお昼にお越しいただいたTさんはオープン当時からのお客様。

「私も歳をとりました」と言われるおばあちゃまから「14年間、大変よく頑張りましたね」と

お声をかけていただき、すごく嬉しかったです。

さてフェア第二回目が7月に控えてますが、一息入れさせてもらいます。

6月25日(火)、26日(水)連休させていただきます。

ちょっと早いですが、7月の連休も合わせて。

7月9日(火)、10日(水)連休させていただきます。

よろしくお願いします。

季節の味覚、梅ジャムできました。

S001


年に一回、梅の季節には、八百屋さんの店先で、黄色く色づいた梅をみると、

つい、作らずにおれません。

超寝不足の私ですが、今年も素通りできず、作ってしまいました。

ちょっとすっぱく、爽やかな味わいの梅ジャムは450円~

梅の実を一個づつ種をとると、シワシワのおばあさんのような手になります。

S002

2013年6月21日 (金)

開店14周年記念粗品進呈

開店14周年記念粗品進呈始まりました。

今日6月20日から22日の3日間、ご来店のお客様に、色々選べる粗品を進呈します。

S0001


だいぶ前から、皆さんに喜んでもらえるよう品物を揃えます。

今年は4色ボールペン、モンゴルの岩塩、

何枚あっても嬉しいふきんや青森りんごジュースなど、盛りだくさんです。

かわったものでは、キッチンスタッフKさんのお父さん手作りの耳かきは、

同じものは2つとなく、自分の手にあったものはとても使い心地がよいです。

また、出入りの業者さんからのサービス品も素晴らしいです。

 

おいしいお米をお世話になっているお米工房さんからは、

ご飯やお水に入れて使う備長炭をいただき ました。

浅野屋の水タンクにもたくさんの備長炭が入っています。

お米工房さんは、安心してお任せできる米屋さん。

http://www.okomekobo.jp/pc/index.html

福島原発事故後の対応も素早く、いつも細かく気を配っていただいています。

サントリーさんからも、色々な品物を届けていただきました。

ぜひ、お越し下さい。

テーブルクロスに新しく茶色の花柄が加わりました。

縫ってくれた娘は、「お父さん、お母さんが長くお店が続けられますように」

「お店に来るお客様が元気が出ますように」と思いながら縫ったと言ってました。

みんな本当にありがとう。これからもがんばるね

2013年6月20日 (木)

盗撮

先日、私がテレビのニュースに映っていたとスタッフのYさんから聞きました。

少し前に店のすぐ近くの錦通りで、交通死亡事故がありました。

そこは私が出勤時に必ず通る所。実はあんなに広い道路なのに、信号がない場所です。

危ないことは承知の上、左右の信号が赤になるのを確認して、

ゆったりとした中央分離帯で再び確認して渡ってましたが、

分離帯の開口部がついに閉鎖。

信号で渡れるところは、渡った後の道端が極端に狭かったり、交通量が多すぎ、

絶えず自転車がぶつかりそうになったりで危なく、通りにくいから避けてました。

まあ、仕方ないですね。

ニュースのほうは、隠しカメラで、

事故現場を渡る人がいかに多いかを報道してたらしい。

よくない例として出てしまいました。あーあ、あまりいい気はしないなあ。

友人から開店14周年にお花をいただきました。

毎年、気にかけてくれてます。ありがとう!そして、もう14回もいただいてるなんて!

本当にあっという間に過ぎてきました。

S013

2013年6月17日 (月)

夏みかんジャム

私がジャム作りが好きなことを知ってか、

毎年どなたかから自宅庭でとれた夏みかんをいただきます。

今年も何カ所かの方々からいただきました。少しずつ、房と皮の薄切りにしたものを、

冷凍しておき、たまってきたのでジャムを作りました。

おうち作りの良さは、無農薬の皮で、安心してマーマレードが作れることです。

果物は夏みかんなどの晩柑類を始め、イチゴなども、どんどん甘く、

立派に品種改良されてきて、気軽にジャムにするより、

そのまま食べたほうがよいこともしばしば。

果物本来の酸味や野生味がなくなり、ちょっと寂しい気がします。

そんななかで、おうち作りの夏みかんは、生で食べるには、

酸っぱく、苦くて…、でもだからジャムにぴったりです。

チョコレートや木イチゴとの相性も良いけど、暑くなってきたので、

今回はさっぱり、シンプルにマーマレードを作りました。

果物を作ったかた、もいで、届けてくださったかたの気持ちが伝わるお味ですよ。

ほかにも、夏みかんは房にして、砂糖をまぶして、ジップロックに入れて、

冷凍しておくと、暑くなってきたとき、アイスに手がのびないですみますよ。

さっぱりして、スッーとします。

さて、今日は父の日でした。母の日に比べると、大分影が薄い日です。

母の日には、毎年牛フィレステーキがいくつかでますが、

今日、父の日はなんと0でした。ファミリーで楽しそうなお食事が多い1日でしたが。

頑張れお父さん!

夏みかんマーマレード  399円~

14周年記念粗品進呈の準備も大分できてきました。

S011

2013年6月15日 (土)

またまた、鯖江のメガネ

お食事にいらしたシェフの友人が、

首から何やら聴診器のようなものをぶら下げてました。

「それなあに?」

S0011


なんとメガネですって。鼻のところにマグネットがついていて、

前でパチンと合わさる仕組みです。

S010



驚くことに、前回ご紹介したメガネ産地の鯖江の高速道路のサービスエリアで

買ったとのこと。

自転車で日本一周をしている俳優の火野正平さんがかけている、あのメガネです。

サービスエリアでメガネとは、さすがに鯖江ですね。

もちろん、レンズ入りということは、…老眼鏡です…!!

2013年6月14日 (金)

開店14周年記念フェアのお知らせ

浅野屋洋食店が開店して、6月で丸14年がたちます。

皆様のおかげで、ここまで続けることができたこと、ありがたく、またうれしく思ってます。

例年通り、今年も開店記念フェアを催しますので、ぜひお出掛け下さい。

①14周年記念粗品進呈

  6月20日(木)~22日(土) の3日間ご来店のお客様に粗品をおひとつ差し上げます。

モンゴルの岩塩、ふきん、特製耳かき、ジュースなど、色々ご用意しましたので、

楽しくお選びいただけます。

②スペシャルプライスデイ

7月12日(金)、13日(土)の2日間

オープン時のメニュー「メンチボール」と「エビフライ」を一皿に盛り合わせ,

特別価格にてお出しします。

メンチボールとエビフライ盛り合わせ  昼夜共に892円

その他オードプルも数品、ビールやワインもサービス価格でご提供します。

①、②共にすでにご予約が入っています。ご予約をお勧めします。

14年もたつと、色々なものが故障します。昨年は湯沸かし器、

今年は食器洗浄機に続き、ついにエアコンがダウン。

そ、そんなでしたが、急に暑くなった今日に間に合うように、修理が完了しました。

ふぅー。 エアコンの効きがよくなり、涼しい店内でお寛ぎ下さい。

写真はプロのエアコン洗浄風景です。

S006

2013年6月10日 (月)

「ローストビーフ」好評販売中

梅雨入りしたはずなのに、雨は降りませんねぇ。
気がつけば6月も10日。意外に爽やかな日が続いてます。
浅野屋ではただいま「黒毛和牛のローストビーフ」をお出ししています。
サッパリとした柔らかいお肉と、たっぷりのサラダをご一緒にお召し上がりいただけば、
とってもヘルシー。暑くなってくる今こそ、お召し上がりいただきたい一品です。
お肉の入荷状況にもよりますが、しばらくお出ししますので、ぜひご賞味下さい。
S004



黒毛和牛のローストビーフ  1260円
ランチタイムサービスもございます。
黒毛和牛のローストビーフサラダランチ1260円

2013年6月 3日 (月)

木曽厳固岩

S0001

お客様から大変珍しいお菓子を頂きました。

その名は「木曽厳固岩」。 栗きんとんで有名な木曽路、中津川のお菓子です。

栗きんとんを作る時に鍋のへりにこびりついたものをこそげて、

そのままを袋に詰めた、素朴なお菓子です。原材料名は「国産栗、砂糖」のみ。 

バリバリとかじるとサッパリした甘みのなかから、栗の味がたち上がってきます。

栗きんとんのように口のなかで粘るでもなく、はかないが、

なんともいえない、栗の甘みが忘れられない後味です。

「澤田屋」という屋号の住所は、賤母店、南木曽店(読書)という木曽路の山また山の中、

三つ目にようやく妻籠宿店が出てきました。

栗きんとんには有名店もあるが、私が知らない、

いい仕事をしている地元のお店はまだまだあるんですね。

素朴だけど、おいしい、こういうものに出会うと、本当にうれしくなります。

S0002

2013年6月 1日 (土)

赤、赤、赤、ー テーブルクロスとイチゴジャム

テーブルクロスを新調しました。

S002


赤色の他に小花柄も加わり、店内パッと華やかな雰囲気です。

汚れたら、サッと取り替えられるよう、洗濯の利便性を考え、薄地の布にしてみました。

前回に続き、洋裁が得意な長女が縫ってくれてます。

交換用も含め、かなりの枚数になるため、続行中です。

新しいクロスは鮮やか、皆さんも元気がでますように。

赤といえば、「イチゴとルバーブのジャム」できました。

ルバーブは日本名「大黄」といい真っ赤な茎に強い酸味がある野菜です。

今から10数年前、軽井沢の八百屋さんで、

初めて国産の生のルバーブを見つけた時は驚きました。

それまでは、輸入の冷凍品しか手に入らなかったですが、

さすがに軽井沢にはありました。今では長野産のものが、でるようになってきました。

私はイチゴにはルバーブが一番よくあうと思ってます。

繊維質がとろみを、酸味が味に奥行きを、色も鮮やかで、

ジャムらしいジャムができます。ただ夏場の植物なので、今回ギリギリ、

イチゴの最終便に間に合いました。

一瞬の出会いを逃がさず、季節を封じ込めるジャム。ピカッと光ってます。

余談ですが赤といえば、今日、赤い車が店の前で白い車に接触されました。

赤い車の人は怒って白い車の人を殴り、

白い車の人は、警察がくると「傷害罪だ」と叫んでました。

夕方しばらく、赤と白のケンカが続いていました。

穏やかに願いたいものです。

イチゴとルバーブのジャム  450円~

イチゴとブルーベリーのジャム 450円~

 

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »