« No.213 ボージョレヌーヴォー、気になるお味は? | トップページ | No.215 トマトとチーズのイタリアンサラダ »

2013年11月26日 (火)

No.214 自家製からすみできました

街中は赤や黄の木の葉に彩られ、深まりゆく秋を堪能したのも束の間。

日暮れもめっきり早くなり、カサコソ落ち葉の舞う道は、

冬の訪れがすぐそこに感じられます。


ボージョレ・ヌーヴォー・フェアも終了、クリスマスに向けカウントダウンです。

今、クリスマス・メニューの最終詰めで頭を悩ませています。

ーヴォーは後、少しお出しできますので、引き続きお楽しみ下さい。


さて、お待たせしました。自家製からすみができました。程よい塩味と、

後に残る旨味がなんとも奥深い味わいに仕上がりました。

少しあぶってお出ししています。数に限りがありますが、ぜひ一度味わってみて下さい。


ご一緒に飲んでいただく日本酒は定番、岐阜の三千盛のほかに、

愛知の人気酒、醸し人 九平次 180ml 735円など。

九平次が終了後の日本酒は新潟の「鶴齢」しぼりたてを予定してます。


それにしても、めまぐるしい10月、11月でした。

先日、いつも乗っている車が故障。

ボンネットを開けると電気系統の回路がズタズタになっていて、

車はいつ止まってもおかしくない状態だったと。

なんと犯人はネズミだそうです。

前日に1日中、車に乗ってたり、降りたりしていた私はひゃ~でした。


車は廃車同然となり、またまた、大量出費となりました。

それはヌーヴォー・フェア初日の出来事でした。

写真は今日お作りした、ケータリングのサンドイッチとミートローフです。

S007

サンドイッチの具はピクルスや卵の入った大人の卵サンド、

ラム酒風味の干しいちじくとナッツが入ったクリームチーズ、

分厚く切ったイタリアのモルタデラ・ソーセージの3種類です。

S010

S003

« No.213 ボージョレヌーヴォー、気になるお味は? | トップページ | No.215 トマトとチーズのイタリアンサラダ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637385/54055618

この記事へのトラックバック一覧です: No.214 自家製からすみできました:

« No.213 ボージョレヌーヴォー、気になるお味は? | トップページ | No.215 トマトとチーズのイタリアンサラダ »