« NO.346 懐かしのピアノ発表会 | トップページ | NO.348 ボージョレー・ヌーボー気になるお味は? »

2014年11月20日 (木)

NO.347 ボージョレーヌーボーフェア始まる

11月20日(木)はいよいよボージョレーヌーボー解禁の日。
浅野屋では20日(木) 21日(金)  22日(土)の3日間

ディナータイムにご来店のお客様にボージョレーヌーボーを1杯(50ml)を

サービスさせて頂きます。一口ですが、是非今年のヌーボーの味をお楽しみ下さい。

私ももちろんまだ飲んでいません。さて、今年はどんなお味かな?

 昨今スーパーにもたくさん並ぶようになりましたが、

ご案内を始めると「赤ワイン?でしたよね」的なご質問をうけることも、たびたびです。

簡単にボージョレーヌーボーのご紹介をしておきますね。

ボージョレーはフランスのブルゴーニュ地方の最南端、

ボージョレー地区で産出されるワインの総称。

ガメイ種というぶどうを使って作られます。

ガメイを使ったワインを作るのはボージョレー以外では、ロワール地方など、

ごくわずかです。


ボージョレーヌーボーとはボージョレーの新酒。

今年採れたぶどうを特別な方法で急速発酵させ、約2週間で瓶詰め、出荷されます。


なので、ボージョレーヌーボーは、

フランスのボージョレー地区で作られるガメイ種を使った赤ワインの新酒、

ということです。

長く寝かせて、熟成させるようには使ってないので、買ったらさっさと飲むのが鉄則。

ついでに、あまり難しく考えないで、楽しく飲むのも鉄則かな、と思っています。


値段が色々、味は違うのかな?というご質問もあります。

もちろん、高いものはおいしいです。

でも、高ければ、高いほどおいしいかというと、そうでもない。

簡単にいうと、手間ひまのかけかたとブランド力が値段の違いと思っています。


浅野屋のヌーボーは15年間、ずっとカーブ・ド・ベレールのヌーボーを

お出ししています。

ボージョレー地区の中央部、ブルーィィの丘の蔵です。

生産量はそんなに多くはないけど

たびたび、ボージョレーのベスト生産者に選ばれています。

とても良心的なワインと思っています。

さて、明日の夜からはヌーボー用に3種のマリネ盛り合わせが出ます。

生ハムのマリネ、豆のマリネ、サーモンのマリネの3種盛りで、1000円です。


他にも、チーズ盛り合わせ、生ハムなどの盛り合わせなども、

合わせてお楽しみ下さい。

写真は豆のマリネ

S001



.

« NO.346 懐かしのピアノ発表会 | トップページ | NO.348 ボージョレー・ヌーボー気になるお味は? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637385/58037195

この記事へのトラックバック一覧です: NO.347 ボージョレーヌーボーフェア始まる:

« NO.346 懐かしのピアノ発表会 | トップページ | NO.348 ボージョレー・ヌーボー気になるお味は? »