« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月28日 (土)

No.388 お待たせしましたイチゴジャム

右手親指の腱鞘炎も完治とはいかないけれど、少しずつ良くなっています。

おかげで柑橘系のジャムはすべてパスするはめになりましたが、

豊富に出回り出したイチゴなら、指の負担少なく作れるので、

イチゴジャムをたくさん作りましたよ。今回は愛知産とちおとめです。

とろみと酸味を足すため、長野産ルバーブも加えました。

また、ミックスベリー入りも少しできました。

S001

ルバーブ入りは、見た目も味もほとんどイチゴジャムです

国産ルバーブの私のストックもこれが最後。


さて、ジャムで良くお世話になっているとちおとめを見て、

確か栃木県がイチゴ生産日本一だったよねと思いだし、調べてみました。

栃木はさすがにイチゴ王国。46年間収穫量日本一。

続いて、福岡、熊本、静岡、長崎、愛知と横並びです。

福岡は高級品種のあまおうで追い上げ。

その他にも、とよのか、あきひめ、さがほのか、べにほっぺ、

そして私の好きなゆめのかなど百花繚乱です。

聞いたことがない名前のイチゴもたくさんありました。


果物は甘さとともに酸味が程よく感じられるものが、私は好きです。

品種改良が進み、甘くて立派なものが増えたけど、

ちょっと酸っぱくてでこぼこした果物が、懐かしいこの頃です。

さてシーズンのイチゴ。おいしいイチゴの見分け方です。


まず、つぶつぶがはっきりしていて、へたが青いもの。

へたがそりくり返っているぐらい。全体にツヤツヤしている。

私はお店の人には内緒で必ずパックの裏もチェック。

そして、イチゴ農家の人、直伝。種がへたからできるだけ下がっているものが、

甘いそうです。

赤いにこしたことはないが、

この、種がへたからさがっいることが大切なポイントです。

あまり知られていないけど、確かにそうです。

イチゴ狩りなら、、ヘタの下にひび割れがあるものがもっとも甘いものとのこと。


どんな野菜もそうだけど、切り口から水が入り、水っぽくならないように、

必ずへたつきで洗うこと。そして、イチゴは先端の尖ったところが一番甘いので、

へたの方から食べるといいそうですよ。

大きくて立派なイチゴで、私もぜひ試して見ますね。




.

2015年3月23日 (月)

No.387 こんな日もあるよシフォンケーキ

いつもふわふわの生地と軽いクリームの組み合わせで、

人気のショコラシフォンケーキ。

今日は残念なことに、ワンカットしか売れず、悲しい結果に。

営業終了後に、近所のお客様に少しおすそ分けし、スタッフでも食べました。


私もワンカット食べてみました。いつもお茶で食べるけど、

今日は用意していたコーヒーも出なかったので、コーヒーをたて、

いれたてのコーヒーとショコラシフォンを食べ、その美味しさに、改めて驚きました。

いや、やっぱり残って日にちがたったものとは全く違う味、

コーヒーとの相性の良さにも改めて気づきました。ショコラにはコーヒー、

シナモンシフォンにはミルクティーかな、個人的な好みでは。

0001_2


今週はシェフはケーキに悪戦苦闘。

まず、週の初めのシフォンケーキがうまく上がらず、少し堅めに。

イチゴタルトはランチに出した途端に完売で、私にうるさく言われて、

もう一台作ると、これがまた、焼き過ぎたか、固くなってしまい半分しか、使えず。

今日のシフォンケーキは、とってもいい具合だったのに、ワンカットしか売れず。

「うまくいかないね」と言うと、「こんな日もあるさ」と意外にあっさり。


長くやっていても、うまくいったり、いかなかったり。


ま、「こんな日もあるさ」。


.

 

2015年3月20日 (金)

No.366 営業時間変更のお知らせ

勝手ながら、3月22日(日)のディナータイムの営業は、
  午後6時開始に変更させていただきます。
 お間違えないよう、よろしくお願いいたします。

今日から、学生スタッフが1名新しく加わりました。ヤッター!とりあえず、まず1人増えました。男の子です。よろしくお願いします。この調子で、後、2人、ただいま募集中です。

No.385 ちょっと古いけど、ワイルドだぜ~

行きつけの八百屋さんで、満開の花の木をもらいました。

何の花か当ててみよ、と言われ、「桜?」「桃?」など答えるもブ、ブー。

枝は桜見たいに見えるけど、花の芯が赤く、ほのかにあまい匂いがします。

もう一ひねり、「プラム」というと、「惜しい!」、

浅野屋さんの大好きなもの」というヒントに「あんず」と、やっと正解が出ました。

正解のご褒美に花をくれたんだけど、すでに満開、車の中も花びらだらけになり

家の玄関でバケツ入りとなっています。

S001

S002

あんずはジャムの材料として、またそのまま食べてもおいしく、私の好物。

でも、実物の花や木を見るのは、始めてでした。

農家の方が庭の木を持って来たと、枝もかなり無理やり折ってあり、

「ワイルドだぜ~。ちょっと古いか。

そんな木を198円の値札をつけて売っていた八百屋さんも、

売れるものは何でも売る、「ワイルドだぜ~」。

(そういえば、スギちゃん消えましたねえ)

帰宅後の写真、夜のあんずでごめんなさい。

S005



.


2015年3月18日 (水)

No.384 作ってみました中華粥

久しぶりにいつも通っている整体治療を受けに行く以外に予定のない休み。

本当に久しぶりでした。少し朝寝坊して、ポカポカ陽気に洗濯も順調。

ずっと気になっていたお風呂も重曹でピカピカに磨きました。


そして乾物をたくさん入れた中華粥を作ってみました。

いつか作りたいなと思っていたところ、

先日の送別会で留学生のSさんが作って持ってきてくれ、作り方も教わりました。


前日の夜になつめやキクラゲなどの乾物を水につけ、小豆を煮て置いたので、

スタートしやすかったです。


本当はお米から炊くのがお粥だけれど、今はお店の残ったご飯で炊くので、

まず乾物から煮ました。(実家では、下げたお仏飯だった)

娘が神戸の中華街で買ってきてくれた白キクラゲ、杏の核、蓮のみ、クコノミ、

そしてSさんがくれた大なつめ

(シルクロードにもいっぱい売ってましたが、かさ張るのでパスしたもの

結構高かったですよ。)それに小豆や雑穀も入れ、ふやかした水で煮ます。

S009


少しの砂糖と塩で味を整え柔らかくなったら、でき上がり。

S013

乾物からの味わいがあふれ出て、優しいお味になりました。


このお粥を食べて、お腹も心もホッとしたお休みの一日でした。

S007



.


2015年3月16日 (月)

No.383 宴会デビュー!

3月16日夜に今シーズンのカキフライを終了しました。

このところの暖かさに合わせたように、急に大振りとなって来たカキ。

大きくなると味も大味になってくるので、ちょうど終わり時。

カキフライファンの皆さん、来シーズンをお楽しみに

さてシェフは次のメニューを考えてはいるようですが。

15日日曜日の夜は貸し切り営業でご迷惑をおかけしました。

毎年恒例のシェフの大学時代の専攻、美学美術史のOB会でした。

上は80歳代から、学部の4年生まで、今年は20人ほど集まりました。

皆さん近況報告をしあい、専門分野の情報交換の場となっています。

(シェフの専門分野はとんでもない方向へと向いてしまいましたが)


さて、今回はスタッフの卒業に伴い、

昨年末から新しく入った1年生の2人でこの会を担当しました。

10人以上くらいで飲んだり、食べたりのご予約を、

私達は通称「宴会」と呼んでいますが、今までは先輩に担当してもらってました。

大勢のお料理やお飲みものを一気に運び、

大量の食器と手洗いのグラスが出る宴会は仕事のスピードがもとめられます。

少しづつ慣れるために入ってはもらっていたけれど、先輩の卒業に伴い、

いよいよ2人の宴会デビューとなりました。


私もドキドキ。でも、事前の準備も順調で

ドリンクもほどほどの出だったこともあり、無事終了。

2人の頑張りと、厨房担当の次3年生のSさん、

みんなで力を合わせて、やり終わりました。

みんな少しずつ仕事に慣れ、成長していってくれるのを見るのは楽しみなことです。

オードブルの盛り合わせ

S001_5


食器を素早くかたずける

S003




.


2015年3月14日 (土)

No.382 カキフライ終了と貸し切りのお知らせ

寒い日の中に暖かい日も混じり少しづつ春になって行くのかな? 

今年はまだまだ寒いけれど、毎年この時期になると、お問い合わせがあること。

「カキフライまだやっますか?」


今年は寒くてカキの成育もゆっくりだったのか、

まだあまり大きくなってなくて、まだまだおいしいです。だからまだやってますよ。

でもさすがに3月も半ば、そろそろ終わりにします。

予定では、16日月曜日までです。

ただし、ご希望などにもより、16日前後ということでお願いします。

もう一つ。15日日曜日夜は、ご予約満席です。

ご利用の多そうな日曜日、ごめんなさい。


後、明日14日土曜日夜もご予約がかなり入っています。

ご来店はご予約がお勧めです。


さてカキフライ、いよいよ食べられる日が少なくなってきました。

ぜひ、食べ納めにいらしてね。

先日、京都に住む娘の通う学校の卒業式に出席してきました。

大学卒業後、一旦、社会人になり、また学生に戻ったのだけれど、

私の母も青春時代を送った学園なので、一度訪れて見たい場所でした。

お天気にも恵まれ、お世話になった先生にもご挨拶でき、足を運んでよかったです。

学園のすぐ横は角坊別院といい、親鸞上人終焉の地と言われています。

S006

S003


門の横にひっそりと大きな金物が。

S004

戦時中金物供出でだされた親鸞像の笠部分だけが残っていたとのことでした。

こちらは境内にたつ現在の親鸞上人像  大きいです。

S008






.


2015年3月11日 (水)

No.381 雪の日の送別会

3月8日の名古屋ウィメンズマラソンの日の暖かさは、どこへやら、今日は一転、

まさかの雪が吹雪く寒さに逆戻り。

ちらちら降っていた雪が、夕方からは、きつくなり、午後10時頃には、

結構積もり出しました。


店の定休日の今日は、

今春、大学を卒業して社会人になるスタッフ2人の送別会をしました。

ところがこの寒さ。主賓のMさんが、胃腸風邪でダウンとの連絡。

インターンシップですでに働き始めている会社も休んだとのこと。

本当に来れるか心配していたけれど、雪の中、昨日から何も食べていないまま、

来てくれ、無事始めることができました。


Mさん、T君の2人はともに大学1年生から4年間スタッフとして頑張ってくれました。

まだ1年生だった彼らが面接に来た時のこと、他のスタッフも覚えていて、

あれからもう4年たつんだね、早いなぁ、と話しが弾みます。

Mさんは、面接の時から元気いっぱい、受け答えがはきはきしていました。

T君はとても礼儀正しく、挨拶がきちんとできる印象でした。

最初の印象そのままに、それぞれの力を発揮し、頑張ってくれたこと、

うれしいかったよ。

2人とも、私の採用規準にあった食いしん坊。

旅先から、帰省先から、いつも珍しく、

おいしいお土産を持って来てくれたことが話題になりました。

T君はお土産には特に力が入ると話していて、

その才能、社会人になっても役にたちそうです。

2人とも就活も含め色々あったけど、力強くなりました。


みんなから、それぞれ一緒に写した写真とメッセージカードを添えて、

アルバムを作りプレゼントしました。

シェフのはなむけの言葉。「『もうダメだ!』と思ったところが始まりだ」

心のこもった送別会になりました。今日の献立は、サーモンマリネとエビフライ、

そして、チーズフォンデュでした。

S006

Aさんの差し入れのビリケン饅頭もフォンデューに。

S012

何も食べられないMさんには、留学生のSさんが、

なつめやキクラゲなどの具がたっぷり入った中華粥を作って来てくれ、

心も体も温まります。今日は食べられないけど、持って返ってのお楽しみ。

それぞれの旅立ちを祝い、3月の雪とともに印象に残る一夜でした。

S024

S029



.


2015年3月 8日 (日)

No.380 あっという間に3月に

気がつけば、いつのまにか3月になっているではありませんか。

2月が過ぎるのが、早かったこと!


風強くまだまだ寒いけど、朝夕のお日様の時刻は確実に伸びてきて、

日差しもずいぶん明るく感じるこの頃ですね。

S004


新しいメニューをやろうにも、例年好評のみそかつフェアをやろうにも、

何ともしがたい人手不足。かなり深刻です。

そんな訳で、新しい動きが少ないこの頃です。

今年は寒かったのでカキはまだまだおいしいです。カキフライは、まだやりますよ。

3月は火曜、水曜の定休日の他に、


15日夜 ご予約満席


22日夜 6時、開店(開店時間の変更)


さらに14日はご予約が多いので、ご来店にはご予約がオススメします。

今日は本当に久しぶりにジャムが並びました。

愛知産イチゴにブルーベリーでとろみとこくをだした

「イチゴとブルーベリーのジャム」  280g  680円   160g 450円

ただし、お待たせしすぎたせいか、あっという間に無くなり、後2個です。

私の指の腱鞘炎も少しづつ回復して来ました。

また、ジャム作りも少しづつ再開して行きますね。

旧正月に中国に帰省していたSさんから、

色とりどりのカラフルな飴をいただきました。

包装もお味もとりどりで美味しかったです。

S002




.

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »