« No.408 エアコン新調とジャム | トップページ | No.410 夏メニュー色々 »

2015年6月 5日 (金)

No.409 人ごととは思えない

店の定休日に京都の実家へ帰りました。

父の90歳の誕生日も間近で、みんなで食事する約束を楽しみに、出かけました。

高齢の父と母は会うたびに弱ってはいますが、回りのみんなのサポートもあり、

なんとか暮らしている様子。

母はよろよろとしながらも相変わらず、料理に手抜き無し、

父もなんでも食べられます。

そんなわけで、かかりつけの医院の横にある、

気軽なイタリアンを予約してくれていました。総勢8人。

店の前までいくと、先客で結構混んでいる様子。

さして大きくない店に入れるのかな?と思っていると、案の定、予約が入ってないと。

そんな~。予約の電話の時に取ったメモもこちらにはあり、おかしいというと、

お店の人も、はっと気づいた様子。そこで出た「いつもは暇なのに、今日に限って。

ごめんなさい。」の一言。私はとても人ごととは思えませんでした。

そして、母の言った次の一言。「別に少し待ってるからいいですよ」にまたぐさり。

お母さん、2時間は空きませんって。

お客様の善意のつもりの一言、こたえますねぇ。

完全に店側のミスながら、先に入っている方を追い出す訳にも行かず、

その場で予定変更。

結局、和食のチェーン店になりました。

「タクシー代くらい出してもらわんとね」と言ってると、店側からタクシーを呼び、

代金は払いますと申し出がありました。この間、約20分ほど。

シェフはこちらを見向きもせずに、ひたすら料理を作り続けてました。

2人で切り盛りしている店のほぼ満席に近いとき、

一人が対応に追われたら、どんなに大変か、分かるだけに、

自分のいろんな失敗を思いだしながら、

がんばれ~、若いの、と応援している自分がおかしくもありました。

最後は誠意のある対応が一番大切と、改めて知らされました。

場所を移しかえ、やっと乾杯をしたのは約1時間後。

楽しい食事のひと時を過ごせて、やれやれでした。

北海道のとれたて、アスパラガスをいただきました。

茹でただけのアスパラ、草の匂いがプーンとして、噛むと甘さが弾けました。

土と太陽と水の恵。キチンと作られたまっすぐな味に感動しました。

S012




.


« No.408 エアコン新調とジャム | トップページ | No.410 夏メニュー色々 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No.409 人ごととは思えない:

« No.408 エアコン新調とジャム | トップページ | No.410 夏メニュー色々 »