« No.669 冬の美味しいもの  その2 優しい味の七草粥 | トップページ | No.671 冬の美味しいもの その4 ビーフカレー始まる »

2018年1月11日 (木)

No.670 冬の美味しいもの その3 ポン鱈の大変身

弟のお嫁さんの里の北海道から送られてくる、

鱈の干物「ポン鱈」をお正月に頂いてきました。

S009

3枚におろした、すけそう鱈を干して、カチカチになってます。

むしって、おつまみとして頂くようですが、何箱もあり、

食べきれずに困っているとのこと。

S007

乾燥鱈といえばおせち料理に入っている、棒だら。

以前、祇園の乾物屋で棒だらを水につけて戻した状態で売っていて、

「今から戻してたら、間に合いまへんやろ」と言うお店の方の言葉になるほど、

と納得。

12月31日の夜でした。そこから大急ぎで煮ても「間に合いまへんやろ」と思うのだけど。

それにしても、壱の重に入る棒だらも、味付けが甘くて、今風ではなく、

肩身が狭い存在。高価なものなんですけどね。

以前、韓国料理屋で干し鱈のスープを頂き、とてもおいしかったことを思い出しました。

早速、ポン鱈をハサミで切り、昆布と一緒に水につけること、一晩。

翌朝、まだ火をいれる前から、良い出汁が出ています。

ゆっくり弱火で、煮ると、想像以上に美味しい出汁が出ました。

ここに大根や人参などの根菜類を入れてことこと煮、豆腐やくずきりも入れ、

仕上げにネギをいっぱい入れました。

S011

身体が温まるいいスープができました。鱈の身の方は、柔らかくはなったけれど、

味は全部スープにいったようでした。

棒だらが高くてなかなか作れなかった、乾燥棒だらのスープをおいしく頂きました。


« No.669 冬の美味しいもの  その2 優しい味の七草粥 | トップページ | No.671 冬の美味しいもの その4 ビーフカレー始まる »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No.670 冬の美味しいもの その3 ポン鱈の大変身:

« No.669 冬の美味しいもの  その2 優しい味の七草粥 | トップページ | No.671 冬の美味しいもの その4 ビーフカレー始まる »