« No.679  柔らかな光 | トップページ | 3月のカレンダーです。 »

2018年2月22日 (木)

No.680 アールヌーボー家具と犬

会期も迫って来ている、「木彫りどうぶつ美術館 はしもとみおの世界」展を

見て来ました。

会場は新栄のヤマザキマザック美術館とお近くなのに、

チャンスがなくて、会期末ギリギリに飛び込み。

犬や猫など、身近にいる動物や、羊やラクダなどの家畜の姿を、

今にも動き出しそうなリアルさで表しながら、

そこに息ずく温もりを感じさせられる作品に魅せられていました。

はしもとさんの思いもあり、ほとんどの彫刻は触ってよし、

写真よしの素敵な展覧会。

S20180221_153658

犬や猫を撫で撫でして、その質感、量感、温もりまでを楽しませてもらいました。

今回はヤマザキマザック美術館での展示ということで、

なんと所蔵のエミール ガレなどの家具との競演。

S20180221_155439

ベッドに猫、棚の隅にも猫など面白い展示でした。

S20180221_160953

加えて彼女の数多くのデッサンや、

まるで立体作品のようにも見える水彩画の展示もたくさんあり、充実していました。

S20180221_155659

つかの間、日常を離れ、素敵な時間を過ごさせてもらいました。

「絵を描くということは、うまく描くために描くのではなくて、よく世界を見るために、

よく感じ、よく学ぶために、そしてそのことを、だれかに伝えるために、描くのだよ。

見る人のことを思って、描くのもいいよ。世界と君をつなぐ、窓なんだよ」

こどもたち画伯につたえたい、10のことより

大切なことを平易な言葉で語ることのできる人はすごいなと、いつも思います。


.

« No.679  柔らかな光 | トップページ | 3月のカレンダーです。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No.680 アールヌーボー家具と犬:

« No.679  柔らかな光 | トップページ | 3月のカレンダーです。 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ