« No.682 ポン鱈のその後 | トップページ | No.684  春を呼ぶクレソンのスープ »

2018年3月 9日 (金)

No.683 聖徳太子にはなれない

今週の月曜日と木曜日は、荒れた天気で、全国的にも強い雨降りの日でした。

こんな雨なら、お客様も少ないかなと思っていると、そんな日に限り、意外にいらして、

特に木曜日は一瞬てんてこ舞いになりました。

バイトのT君、卒業論文が大詰めでしばらくお休みの後の出勤で、あたふたしてました。

シェフからじゃがいもを洗い、芽を取るよう言われ、やってましたが、

包丁の持ち方がぎこちなく、危なっかしい。

「包丁はこう持ってこうするのよ」と私が言ってる時に、シェフから、新たな指令が。

混乱したT君は「二人同時にしゃべらないで下さい!」と。

やはり聖徳太子は偉かった。 

好評だったビーフカレーは終了しました。

次回は7月頃の予定です。カキフライもそろそろ終了します。

今週いっぱいかな? 食べ納めにお越し下さい。


« No.682 ポン鱈のその後 | トップページ | No.684  春を呼ぶクレソンのスープ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637385/73073614

この記事へのトラックバック一覧です: No.683 聖徳太子にはなれない:

« No.682 ポン鱈のその後 | トップページ | No.684  春を呼ぶクレソンのスープ »