« No.715  和歌山の旅 その1~母の里 | トップページ | No.716 和歌山の旅 その3~和歌山B級グルメ »

2018年9月24日 (月)

No.715 和歌山の旅 その2~雨にしっとり古い町並み

旅館では、地元の漁港でとれたての海の幸をいただき、

静かな夜を過ごさせていただきました。とれたてアジのアジフライ。

サクサクしていて、フワフワで、家で食べるアジフライとはこんなにも違うかと驚き。

翌日はあいにくの雨で、欲張らない行程にしました。

関空が閉鎖される被害が出た、台風21号は和歌山でも風速50m以上を記録して、

あちこち道の不通や停電がおきていました。

真っ白な石灰岩が見事な白崎海洋公園もバンガローがぺちゃんこになり封鎖。

海岸線は開通したばかりでした。

特急で白浜への観光が多い和歌山ですが、

海岸線と山あいを縫うように走る紀勢本線の旅も素敵で,

レトロな「紀伊由良駅」を訪ねました。

20180920_103346

時間が止まったような駅舎。

20180920_103439

その後、醤油発祥の地、湯浅へ。

127

国道に面した醤油蔵の見学の後、古い町並みが残る湯浅の町中へ。

江戸時代から続く蔵や、店が雨に濡れてしっとりとした風情です。

S141

幕末から昭和60年まで営業していた銭湯などの見学も面白く、

何より、食べ歩きの店の一軒もない、清さがうれしかったです。

S149

本当に昔から続く暮らしぶりが伺える、大人旅にふさわしい佇まいでした。



« No.715  和歌山の旅 その1~母の里 | トップページ | No.716 和歌山の旅 その3~和歌山B級グルメ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637385/74260787

この記事へのトラックバック一覧です: No.715 和歌山の旅 その2~雨にしっとり古い町並み:

« No.715  和歌山の旅 その1~母の里 | トップページ | No.716 和歌山の旅 その3~和歌山B級グルメ »