« No.755 拡散 | トップページ | No.757 お休みのお知らせ »

2019年4月 8日 (月)

No.756 重たい桜

春本番。先週の寒さで足踏みしていた桜が、このところの暖かさで、一気に開きました。

この土日はまさにお花見日和。浅野屋もいつもの土日より、お昼のお客様がぐっと少なかったです。

すっかり強くなった春の日差しの中、出勤のために自転車を走らせていると、ふと、昔の事を思いだしました。

まだ学生だったころ、強くなった日の光を浴びながら、新学期を迎えたな。真新しい教科書、まだ、何も書いていない真新しいノート。

私が通っていた大学は、3年生で学舎の移動があり、重要文化財に指定されている、

重厚な校舎がこれから学ぶ専門教科への期待を膨らませてくれたように思えたものです。

あれから何十年も経ちました。学んだことは、ほとんど忘却の彼方でも私の血となり、肉となって、今に続いている気がします。

春が等しく訪れ、日差しが一気に強くなり、今年も桜が満開になりました。素直に春の訪れがうれしいです。

でも今年は花がなんだか重そうだなぁ、ひょっとしたら私の気持ちが重いのか?と思っていた矢先、

お客様から「この辺の桜は分厚いねえ」のお言葉。

天気の関係もあり、先に咲いた花の後に次々開花して、花が分厚く見える。

排気ガスが少ないこともあるかな?とのこと。そうか、重そうに見えたのは気分のせいじゃなかったのね!と納得。

 明日は小中学校の新学期。新学期を迎えてワクワクしていたのは、今は昔なのか。

今日の夜、いらした坊やは「いやだなあ」と帰って行かれました。彼の上にも暖かな春の日差しが届きますように !!

Dsc_2047

 

.

 

 

« No.755 拡散 | トップページ | No.757 お休みのお知らせ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事