« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月29日 (日)

No.816 年内営業を終了しました

12月27日に通常営業を、28日に貸し切り13名のコース料理をなんとか終え、

本年度の営業を終了しました。

最後まで、色んなお料理やワインで、お客様もにぎやかで、

私たちもやり遂げた気持ちで終わることができました。

鮮魚のカルパッチョ、キャビア添え

Dsc_0248

昔はクリスマスなどの定番料理だったオマールエビのポタージュ

良い香り、食べご耐えもあり皆さんご満足

Dsc_0249

お馴染みメンチボールはフォアグラ入りでまろやか。

Dsc_0234_20191229061201

本年度最後を飾る素敵なお料理でした。

年号の改元に沸いた一年でしたが、浮かれてばかりもいられないような、

社会問題や自然災害も多くありました。

私は義母の介護に追われ、あわただしく、少し前の出来事も忘れる始末。

でも高齢の義母を通して、人が生きることを色んな面からずいぶん教わりました。

義母は私を頼りに、身も心も委ねていますが、最後までこちらが教わることがたくさんあります。

また、年末にはゲノム編集の食品が店頭に並ぶという、ショックなニュースが飛び込んできて、

色々考えさせられます。

ちょうど、美味しくてとてもユニークなビオワインに出会ったばかりでした。

どんな食品をいくらで買うのか、また買えるのか、

一人一人の判断がますます難しく、重要になって来ることと思います。

ブログはあまり更新できなくてごめんなさい。無理ないように続けますね。

色々とわがままで

お休みも多い私たちにお付き合い下さりありがとうございます。そして、来年もよろしくお願いいたします。

年始は1月5日(日)のランチより営業いたします。

皆さま、良いお年をお迎え下さい。

 

 

2019年12月27日 (金)

No.815 営業のお知らせとカード決済について

年の通常営業は27日金曜日ディナーが最終となります。

すでにご予約が多数入っております。ぜひ、ご予約の上、お越し下さい。

そして、新着の初しぼりオリーブオイルのお味は、これがまた、中々のピリ辛です。

口に含むとおとなしいい味だけれども、喉を通る時にはピリッとした辛みが印象的な今年のオイルです。

毎年20本入りのケース単位でご注文のお客様もいらっしゃる人気の品です。

エキストラ バージンオリーブオイル(250ml)1400円(税込)

レモンオリーブオイル(250ml)1750円(税込)

1本からお分けできますので、お声をお掛け下さい。

また、ご案内が遅れておりましたが、11月20日よりカード決済が可能になりました。

お使いいただけるカードはVisaとmasuterd cardとDinersClubの3種類です。

機械操作に慣れるまでご案内が遅れましたが、

1ヶ月の間にご利用も多くスムーズに使えるようになりました。

Paypayを初め各種キャッシュレス決済でのご利用とあわせて、

カードでも5%還元の対象となっております。すでに多くのお客様がご利用になっております。

ぜひご利用下さい。

 

.

 

2019年12月25日 (水)

No.814 深夜の宴 

12月22日、23日の両日のコースディナーが無事に、終わりました。

22日はランチ営業終了後の準備となりあわただしく、

私は、またしても生春巻きに追われました。

Dsc_0231

日曜日のランチ終了後に降りだした雨は夕方には本降りとなり、

お客様にはご不自由をおかけしました。

それでも、ご常連のお客様の歓談される声が絶えない、

素敵な時間を両日とも過ごさせていただきました。

Dsc_0232

グラスワインに特別にご用意した白ワインは開けて驚きでした。

フランス、ロワール河流域のサンセールという地区の、

「サンセールブラン アクメニネ 2010」をご用意していました。

Dsc_0229

まず、その色に驚き。葡萄品種はソーヴィニヨンブランなんだけど、

少し濁りを感じるくらいのゴールドかかった色。うーん、ほうじ茶を薄めたような。

ソーヴィニヨンブランで、この色、あり得る?という。

そして香りは注いだ瞬間に、あ、栗の花の蜂蜜の香りと私は思いました。

黒い栗の蜂蜜を連想させる色合いに口に含むと甘く、

喉を通る時にはしっかりとした酸味が感じられ、とても複雑でした。さすがにナチュラルワイン。

ソーヴィニヨンブランがこんな風になるんだと、驚きに、ついいついグラスに注ぎ過ぎてしまう、

なんてことになっていました。ワインの一律ではない面白さに出会わせていただいた1本でした。

さてさて、生春巻きも二日目には慣れてきて準備完了。

その頃、デザートのムース・オ・ショコラを作っていたシェフは、

Dsc_02411

鴨やエビフライの準備に大わらわ。ま、いつものことながらですが。

お客様とのお話しも楽しく、笑い声の絶えない、あっという間の二日間でした。

そして深夜2時。自宅で残ったワインやオードブルで家の宴会。

少しの時間だけれども、ほっと一息つける時間でした。

Dsc_0242

今年は24日が定休日。今まで休みを経験したことがない日。

近くのスーパーへ行くとこんなものを発見して、思わず買っちゃいました。

Dsc_02431

 

 

 

2019年12月21日 (土)

No.813 オリーブオイルが到着

毎年年末にイタリアのトスカーナから到着する、初しぼりエキストラバージンオリーブオイルが今年は、少し早めに到着しました。

ピリッと辛かったり、とてもジューシーだったり毎年少しづつお味が違うのも楽しみです。さて、今年はどんなお味か?(まだ詮を開けてません)

初絞り、無濾過は中々ないもので、オリーブという果実を感じます。サラダや温野菜、モッツァレラ、パンなど色々なものにかけて是非生でお召し上がり下さい。

また、今年はレモンオリーブオイルも入荷しています。こちらはシチリア産です。オリーブオイルにレモンの風味が加わり、爽やかで、忘れられない味です。こちらも生でお楽しみ下さい。オリーブオイル75%、レモン25%以外は何も加えらていません。

どちらもご予約のお客様、優先ですが、まだ少し余裕があるので、店頭にてお求め下さい。

トスカーナ産 初しぼりエキストラバージンオイル 250ml1400円(税込み

シチリア産 エキストラバージンオイル 250ml  1750円  (税込)

2019年12月20日 (金)

No.812  迫力のメンチボール、そして工夫は続く

16日月曜日は貸し切りのご予約で、通常営業はお休みして、失礼しました。

よくご利用いただくお客様から、少々お高いコースのご注文。

しかもメインには、浅野屋さんらしいメンチボールやエビフライを、というリクエスト。

結構難しいご注文です。ワインもたくさん召しあがられるので、おつまみも必要です。

シェフと相談して、アミューズには、甘エビと生ゆばの生春巻きをお出しすることにしました。

実はこの料理、東京で注文弁当を作ってられる「チオベン」こと、

山本千織さんの料理本から拝借しました。

少し前に山本さんがテレビで紹介されたのを見ていて、すぐに何冊かの本を購入し、

私は何品も賄いで作っていました。単なる弁当本とは違い、長年料理を作ってきた、

その料理がたくさんの人々を満足させてきたことが推測される内容です。

中でも目を引いたのが、生春巻きに甘エビ、生ゆばという料理で、

すぐに生春巻きの皮を買い、作って見ました。

様々な具材で揚げ春巻きを作ってられる山本さんには珍しい生、生のレシピです。

作って見ると簡素なレシピの向こうに、作り方のコツや素材のバランスなど書かれていない工夫が多いことにも気づかされます。

そして16日。まだ春巻きを巻いているうちに早めのお客様の到着に焦った私。

なんとかお出しできたものの、何か消化不良な感じが残ります。

その後に続いたお料理の中では、オマール海老のポタージュでお客様が「美味しい」と言われた後、

無言になり、スープを一瞬で完食され、続くエビフライに「これが洋食屋」と歓声が湧き、

メンチボール(当日はフォアグラ入りでよりまろやかに)

のソースに感嘆の声が上がり、

デザートまでを無事に終えることができました。

とても満足してお帰りになり、ほっとして、そして疲れがどーとでした。

それでも悔いが残るのが、生春巻き。さすがにメンチやエビフライは多くの人の口に入り、

多くの人を満足させてきた料理と、シェフに脱帽です。

多分山本さんが作れば、もっと美味しい生春巻き。その日の賄いに再度チャレンジ。

迷ったけれども、シェフと相談して、

12月のコースメニューでもお出しすることにして、(具材は少し変わりますが)またまた作ってみる。

うーん、巻き方にも、盛り付けにも、味付けにもまだまだ改良が必要。

その日、たまたま家にあったフェタチーズと一緒に食べたら美味しくて、塩味の強いフェタを少し加えて巻いてみることにしました。

22日の本番まで、後少し。さて、お味は?

そして時間内に全部巻けるのか?(ちなみに今日は10分少々で12本巻けました)

お味の確認にはぜひご予約をお願いします。まだ少しお席に余裕があります。

12月のコース料理は、22日(日)ディナー、23日(月)のディナーの二日間のみ。

お一人様税込4500円です。

試作段階のサーモンとホタテの生春巻き

Dsc_0228

同じく山本さんのレシピで作った賄い、揚げ鱈の押し麦あん

Dsc_02221

 

 

.

2019年12月14日 (土)

No.811 営業日のお知らせ

12月14日土曜よりお休みの日が多くなります。ご注意下さい。

12月14日土曜 ランチのみ ディナーはお休みです

  16日月曜 ご予約貸し切りにつき、通常営業日はお休み

  19日木曜 仕込みのためお休み

  22日日曜 ディナーはコースメニューのみ ランチは通常営業

  23日月曜 ディナーはコースメニューのみ

となります。勝手しますが、よろしくお願いします。

今年もからすみの仕込みが始まりました。立派なボラの卵巣です。

出来上がりは、来年1月末頃でしょうか。 

Dsc_0217  

 

 

.

2019年12月13日 (金)

No.810  12月のコースディナー

ご案内が遅くなりました。

12月22日(日)と23日(月)5時30分~   

12月のコースディナー

日頃のお客様の「色々食べたい」リクエストにお応えして、いつものメニューを中心に、

また、季節のお料理も取り混ぜ、コースを組みました。

デザートまで付くとてもお値打ちなコースです。ご予約をお待ちしています。

なお、22日、23日両日は、コースメニューのみとなります。

23日ランチは通常営業ですが、少し早めのオーダーストップ(1時)にさせていただきます。

よろしくお願いします。

Wak001220191213

2019年12月 5日 (木)

No.809 もう12月

アフガニスタンで灌漑事業を推進し、

飲み水や農業用地の拡大に尽力されていた中村哲医師がして狙撃され、

亡くなられたニュースはショックでした。

ニュースによると10月に名誉国民として、アフガニスタン政府から認められたばかりで、

現地の人々からの信望も熱かった方です。

独特の風貌からも、その人となりがあらわれていて、

隣のおっちゃん的な決して偉ぶることがないような方だったと思います。

その中村医師が、灌漑に力を入れていた理由は、

人は3度のご飯がちゃんと食べられれば、しあわせな気持ちになれるということです。

当たり前になっている3度のご飯がきちんと食べられない人たちが、

世界中にたくさんいること、つい忘れがちです。

温かいものがお腹に収まり、お腹が満たされることは、

本当に人のしあわせの第一歩、人の気持ちが落ち着く第一歩、平和な暮らしの第一歩だと、私も思います。

平和な日本で、不自由なく、3度のご飯がいただけることは、

ありがたいことと、改めて思いました。

中村医師はアフガニスタンで、私は、ここ、浅野屋で、自分のできることをやらせてもらいたいな、と思います。

そして早、12月。12月も休みが多くて申し訳ありません。

16日と28日は貸し切りのご予約、14日土曜ディナーはどうしても人の手配がつかず、休むことにしました。

そして今年はクリスマスディナーが、火曜が水曜に当たり、パスしようとしていたら、

お客様からのリクエスト。考えた末、22日(日)のディナーと23日(月)のディナー時を

コースメニューの日に当てることにしました。

内容、お値段などはまた、順次お知らせします。4500円(税込)位で考えています。

これって何ディナー? プレプレクリスマス? まあ、12月のコースディナーということで。

22日ディナーと23日はコースのみの営業となります。

かくして、12月の通常営業日も残り少ないです。ご注意下さい。

Dsc_0208

 

Dsc_0207_20191206021901

 

 

.

2019年12月 1日 (日)

12月のカレンダーです。

12月のカレンダーです。

12月14日(土)ディナーがお休みになります。

また、16日(月)~19日(木)連休させて頂きます。

28日(土)より年末休業となります。

申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

2019_12_page_1

 

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ