« No.878 営業のお知らせ | トップページ | No.880 2020年 クリスマスディナー »

2020年12月 7日 (月)

No.879 そして、12月。

さほど寒くはなく、晴天続きの毎日。あっという間に12月突入です。

色づいた木葉が舞い落ちた後には、百日紅の木の実が、ブローチのように青空に広がっています。

満月の夜はむら雲からのおぼろ月も美しく、

見とれていたのはずいぶん前のことになりました。

11月始めに、ちょっとした不注意から風邪を引き、発熱。

そのまま、インフルエンザ検査、PCR検査となりました。

結果はすべて陰性でしたが、大切なご予約が連続していた2日間を私は欠席となりました。

幸い、熱はすぐに退いたけれども、風邪の治りは遅く、

皆さんにご迷惑をおかけしながら11月が終わった気がします。

今年の11月は思いがけない訃報が次々と舞い込みました。

懇意にしてくださっていた方、またお客様もお二人。

アルバイトの学生さんの祖父母の方々も相次いで亡くなられたりと。

その都度、色々な方から、悲哀をお伺いしたこの頃でもありました。

それにしても、人間て、本当に能天気にできてるな、と思います。

コロナの蔓延は終息した訳ではないけれど、罹患率が減れば気が緩むし、

増えてくると、またちょっと引き締めての繰り返し。

誰も自分がとは、なかなか思えない。

コロナでも死ぬし、そうでなくても死ぬ。

そんな当たり前のことを、突きつけられた一年でした。

そんなこんなで、いつの間にか12月もだいぶ過ぎて来ています。

浅野屋はご来店、お弁当、両方向からご利用頂き、そこそこに忙しい毎日です。

今日、知らないお客様から「ブログみてますよ」とお声かけて頂き、

なかなか向かえなかったブログをやっとアップです。

次回は24日、25日に予定しているクリスマスディナーのご案内をしますね。

ワインの話ですが、先日、ボルドー、メドックのグラン・クリュをお飲み頂きました。

ボルドーの中でも優れた産地として知られるポイヤックの

「シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド」。ながーい。

まあ、シャトーピション・ラランド、ボルドーはメドックのグラン・クリュ格付け第2級です!

格付け第1級の「シャトー・ラ・トゥール」に隣接する好立地のワインです。

なかなかグラン・クリュ上級を開けることはないですよ。

すごく高くなってしまいました。

Sdsc_1191

2006年だったし、慎重に抜栓しました。カベルネ45%、メルロー35%と

メルローの比率が高いのが特徴です。

柔らかで滑らかな口当たり、バランスの取れた香りと長い余韻。

お食事に寄り添うとてもエレガントなワインを目の前に、

ため息でした。さすがでした!

 

« No.878 営業のお知らせ | トップページ | No.880 2020年 クリスマスディナー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ