« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月31日 (日)

No.899  今度はミルキー

生キャラメルに再度挑戦。

シェフからの忠告どおり、今度は分量はレシピをきちんと守り、

流し缶の準備もバッチリ、タイマーも手元に置いて、スタート。

そして、最後にかき混ぜること10分。いや、8分位から、そろそろ止めようか、

もう少し煮詰めようかと迷いながら、規定の10分の少し前で終了。

今度は固まり過ぎることなく、いい感じだけれど、肝心のキャラメル色にならず。

できたのは生キャラメルより少し柔らかく、

色も白いミルキーができました。ああ、完成には道のり遠し。

お味は。今回も中々良かったですよ。イタリアのピエモンテの桜のハチミツがふんわり香り、

バターと生クリームと砂糖。…禁断の誘惑です。

包む時、また疑問が。あれ、右手と左手でひねって空くには、

どうねじればよいのだ?

日頃何気なく食べている商品、何気なく行っている動作。

考えないと解らなかったです。売っているものってすごいな。

まだ挑戦は続きます。

Sdsc_1316

 

.

2021年1月28日 (木)

No.898 美味しいチーズをどうぞ

お正月休み明けから欠品がちだった「モッツァレラとトマトのサラダ」出ます。

美味しいモッツァレラが手に入らなくて困っていました。

水曜日にちょっと遠征してきたので、28日木曜日からお出しできます。

モッツァレラは水牛の乳で作ったモッツァレラ ブッハラを使っています。

同じくチーズも色々仕入れしました。「くるみとチーズのサラダ」もお勧めです。

7時で酒類のオーダーは終わり、8時閉店と、皆さんとても気になさってくださってます。

少しあわただしいですが、美味しいものを頂き、ほっとする時間も大切ですね。

 

モッツァレラとトマトのサラダ  1300円(税込)

くるみとチーズのサラダ  1500円

生ハムとフルーツのサラダ 1300円  こちらは甘味の強い完熟パインになりました。

特製ビーフカレー  1600円  先日仕込みが切れてご迷惑をおかけしました。

こちらもスタンバイしてます。

等々、心も身体も温まるメニューでお待ちしております。

 

お正月過ぎの寒さで色々な植物が凍えていますが、

庭の中でひとき際、青々と茂るクリスマスローズ。

大きな蕾が頭をもたげて、咲くときを待っていました。

Sdsc_1315

 

.

2021年1月21日 (木)

No.897 分量には意味がある

数年前に出会った「クノタカオキャラメル」。

生キャラメルを初めて食べたときの衝撃が忘れられません。

香り高いバターと口の中でふんわり溶ける口どけ。

塩やフランボワーズのフレイバーもそれぞれ楽しく、いっぺんにファンになりました。

ネーミングもしゃれていて、少し違えば、シェフのアサノタカオをもじって、

何か新商品はできないかな?とか。

専門の店舗はなく、その後、私の行動範囲では取り扱いがなくなったため、

すっかり忘れていました。

先日娘が、製菓の本で生キャラメルの作り方を見つけて、

「できそうだよ」というので、俄然、やる気を出してすぐにチャレンジ。

何せ材料は牛乳、生クリーム、砂糖、バター、ハチミツだけ。

工程も至ってシンプルでテフロンの鍋ひとつでできる。

ところが、ネットで色々調べてみると、配合がみんなそれぞれに違う。

そこでやり易そうなレシピの中から、砂糖を少し控えめに作って見ました。

さほど時間もかからず、できたはできたけれど、うーん、生キャラメルではないのでは…。

煮詰め過ぎて固くなり、バターの油脂分が全体を覆ってしまいました。

味は中々。これ、バタースコッチだよ!ぱりぱり、美味しい。

シェフにみてもらうと、「分量には意味がある。

砂糖がバターを吸着するだけ、入れる必要があるんだよ。

配合というのは、それぞれによく考えられたものなんだよ」とのこと。

以前、ジャムを色々作っていた時にシェフに手伝ってもらい、

「りんごキャラメルジャム」や「洋梨キャラメルジャム」を作っていた。

最後のキャラメリゼはシェフに任せていたけれど、

何気なくやってのけてたいたけれど、うーん、そうだったのか。脱帽。

それでもおいしかったので、箱につめていると「誰かにあげるの?」と。

その夜、イタリアンの「オステリア・リュウ」さんへ食事に行く予定だったので、

「仕事の後一口食べてもらおうと思って」というと

「みっともないので、止めなさい。

きちんとできたものを差し上げて」と言われ、

それはそうと、すごすご片付けました。

時短営業の初日、コース主体のオステリア・リュウさんも、

とても工夫してお料理を出して下さいました。

美味しいお料理と美味しいワインに大満足。

お客様は皆さん、さーっと、8時で帰られ、後にはたくさんの洗わねばならないグラスが残っていました。

お疲れ様です。

次回は美味しい生キャラメルをもっていきますね。

後日談。次女に分量どうりに作らなかった話をすると、

「私も間違えて、クッキーがサブレになっちゃった。分量には、意味があるんだね」とのこと。

アレンジが効くようになるまでには、基本、基本あるのみ。

失敗の生キャラメルならぬバタースコッチ

Sdsc_1308

オステリア・リュウさんの「沼津産手長エビのラビオリ」

S1611120737637

 

2021年1月16日 (土)

No.896 再び、営業時間の短縮のお願い

国の緊急事態宣言の発出に伴い、営業時間の短縮要請が出ています。

浅野屋でも営業時間を変更しますので、ご協力お願いいたします。

 

1月17日(日)までは

ディナー、8時30分オーダーストップ 9時閉店

1月18日(月)から2月7日(日)までは

ディナー、7時30分オーダーストップ 8時閉店  

この期間は酒類のオーダーストップが7時となります。

 

お客様には大変、ご不便をおかけしますが、

感染防止のため、もう一段の辛抱が必要な時期、

ご協力をお願いいたします。

なお、土日のランチ営業は通常どおり

11時30分から1時30分オーダーストップ 2時閉店です。

1月18日(月)は貸し切り営業に付き、通常営業はお休みさせて頂きます。

よろしくお願いいたします。

なかなか先が見えないコロナとの戦い。

感染防止のためにも、息がつまりそうな日常生活のためにも、

そして経済活動のためにも、工夫して、情報を整理しながら、

賢く生きて行くことが求められています。

新しい生活様式とは、人との距離を開けること以上に一人一人が、

今までの生活の見直しをしていくことではないかな?と思います。

腐らず、諦めず、進みたいです。

店としても、安心してお食事していいただけるよう、工夫をしていこうと思います。

お弁当のご注文も増えております。

時間の余裕をもってご注文くださるよう、

お願いいたします。

 

.

 

 

 

2021年1月 9日 (土)

営業時間の短縮の延長について

営業時間の短縮の要請が延長されましたので、

2月7日(日)まで、短縮を行います。

ディナー・タイムが

午後5時30分より午後9時まで、

とさせて頂きます。

午後8時30分オーダーストップです。

よろしくお願いします。

 

.

2021年1月 7日 (木)

No.895  営業再開とビーフカレー始まる

年末年始のお休みは、長いようで、あっという間に終わり、

7日からいよいよ浅野屋、再始動です。

6日には仕込みやお掃除をお願いしているIさんにもお手伝い頂き、

諸々仕込みや掃除と準備をしました。

そしてお待ちかね、ビーフカレーも始まります。

フォンドボーをベースにした、スパイス香るカレーには

ビーフシチューと同じ牛ほほ肉が贅沢に入っています。

真夏と真冬限定品。そう、いうまでもなく、今は真冬です。

寒いです。7日からは更に寒くなるとさんざん脅されています。

そしてコロナによる、首都圏の緊急事態宣言も7日から。

愛知もまだ時短営業中で、20時30分オーダーストップです。

さてさてどうなる事やら。

感染に気をつけて、そろりそろりと、営業を再開します。

☆ビーフカレー ミニサラダ付き  1600円(税込)

浅野屋でお待ちしています。

新年の気分でお花をいけました。

Sdsc_1305_2

Sdsc_1299

 

 

.

1月のカレンダーです。

1月のカレンダーです。

よろしくお願いします。

S2021_1_page_1

 

.

2021年1月 4日 (月)

No.894 新年おめでとうございます

今日から仕事初めという方も多いと思います。

少し遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

さて強烈寒波で大晦日には名古屋でも雪が降り、全国的にも荒天。

コロナの感染者数も勢い留まることを知らず、

いつもにない、不穏な年明けとなりましたね。

毎年お子さんやお孫さんで賑やかで、

ビールの空き瓶がケースで外に出る、

我が家の隣家も、今年ばかりはひっそり。

かくいう私も大晦日を名古屋で過ごしたのは結婚以来初めてです。

それでも、お一日は日帰りで京都の実家で勤まる修正会に出掛けて、

ご仏前にお参りさせてもらいました。

1日に日帰りしたのも初めて。前日までの大雪とコロナ感染予防のため、

高速道路の利用を思案していましたが、朝はすっかり晴れて、

道もサービスエリアも例年とは比べものにならない空き具合でした。

Sdsc_1259

願い事の神前とは違い、仏教の修正会は仏前でお勤めをして、

今年もしっかり仏道を歩ませてもらう、覚悟の場と思います。

仏教の目的は端的には転迷開悟です。

神仏には無理なお願い事をせず、道を指し示し照らし、

守って下さる仏様に感謝のために手を合わせる事を、

幼少期より教わりました。

世間一般の方々の神仏前での手を合わせる意味とは、異なると思います。

換気で少し寒くて、ソーシャルディスタンスで、

この場も例年通りではないけれども、

集まられた方々と、心通う一時でした。

年賀状は昨年行った、インドのベナレスの裏路地で撮った牛の写真を使いました。

Sdscn6641_20210104233401

お久しぶりの知人から、

「私もインドに行きたいの。よかったねえ」とお電話頂き、嬉しかったです。

年末も帰省しない時間を利用して、お節をオール手作りしました。

かまぼこ、昆布巻きのみ市販品。

後、黒豆はお客様でとてもお上手な方がいらっしゃり、今年もおいしく頂きました。

Sdsc_1252

その他酢の物やおつまみも作って、名古屋で白味噌のお雑煮を頂き、

家族でゆっくりお正月時間を過ごさせてもらったのも珍しい、一年の始まりでした。

 

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ