« No.961  湖北の日暮れに灯る明かり | トップページ | 12月のカレンダーです。 »

2021年11月26日 (金)

No.962 心安らぐ山の香り

はや、12月も間近。

店内に飾るお花をクリスマス仕様で、新しく作りました。

新栄の名古屋園芸は他店にはない草花や、

切り花が売っていて、いつも心踊る場。

並んでいる寄せ植えやアレンジ花、リースなどを見ながら、

作りたいもののイメージを膨らませます。

素敵な枝振りのねずの木を見つけたので、

ねずの木を中心に杉などを飾ることにしました。

長女もスワッグに挑戦したいと言うので、

他にも何本かの花を選び、枝振りをよく見ながら、

花切り鋏を入れます。

緊張の一瞬。切ったらもう元には戻すことができないから。

私はねずの木を中心に杉をくるくる巻くことにし、

娘は杉を台にして、瑠璃玉あざみなどを添えて、

真ん中にねずの小さな一枝を挿しました。

パチン、パチンと鋏を入れていくと、

なんともかぐわしい香りに包まれてきました。

これは本物の森の香り。以前よく行った、山の匂いです。

「すごいね。木は生きてるね」と会話しながら1時間足らずで、

それぞれ、思い思いのものを作りました。

娘は初挑戦ながら、小学校で少し習ったペーパーフラワーのワイヤー止めを

覚えていたといい、彼女らしい、センスの一束を完成させました。

Sdsc_1960

よく見ると、切ったねずの木の切り口から樹液が沁み出て、

そこからの芳香が強く出ています。

ねずの木は西洋名をジュニパーベリー。そう、ジンの香り付けの材料。

新宿のバー、ベンフェディックのオーナー鹿山氏が、

国産のジュニパーベリーを求めて、滋賀まで出向き、

国内では希少な、ねずの木をご自身の山でも増やしたい旨を読んだのは、いつのことか。

なるほど、人を魅了する、素敵な香りです。

部屋いっぱいの山の香りに包まれて、

私たちは、心豊かな一時を過ごさせてもらいました。

Shorizon_0002_burst20211124120431633

 

 

.

« No.961  湖北の日暮れに灯る明かり | トップページ | 12月のカレンダーです。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ