« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月

2021年12月31日 (金)

No.970 美味しいものは飽きないもの

さて、年末のご挨拶はしたけれど、もう少し、思うことが。

なんせブログが追いつかなくて、すみません。

今年も、お客様から美味しいものを色々いただきました。

11月にS様からいただいた、八百津の栗きんとん。

緑屋老舗の名前を初めて知りましたが、美味しかったです。

栗の香りが素直に届いて、私は今までに食べた、

どの栗きんとんより、一番美味しいと、

うれしくなりながらも、八百津は行かないな、と思っていました。

高島屋の銘菓選コーナーで、同じものを見つけた時には、やったーと、即、購入。

でも、やはり作りたてをいただいた前回の方が美味しく感じていると、

緑屋さん、真空パックに入ったものと、

店頭に並ぶものとは、お味が違うというお話をされていました。

わざわざ足を運ぶ意味があるのね。

他にも、東郷町の近藤農園さんのイチゴを箱から、

「好きなだけ取って」と届けて下さったO様。

ホームページを作るための撮影用に摘まれたイチゴで、

摘みたてのイチゴの香りを、いらしていたお客様、

みんなと味わわせていただきました。美味しかったです!

最後に27日の最終営業日に

泉屋の缶に入ったクッキーを持って来てくれた友人のYさん。

懐かしい包み紙、懐かしい缶、

Sdsc_2046

Sdsc_2047

蓋を開けた時の懐かしいビジュアル。

Sdsc_2048

久しぶりにいただきましたが、何も変わっていません。

そしてお味も、派手な美味しさはないけれど、

今となっては硬いと感じる食感も含めて、

素直な食べ飽きない味です。

スタッフみんなの手が伸びて、あっという間に少しになりました。

「美味しいものは飽きないもの。時々食べたくなる、

また食べたくなる浅野屋洋食店」

のキャッチコピーを来年も守っていきたいな、

と思わせてもらった、懐かしいクッキーとの再会でした。

 

 

.

2021年12月30日 (木)

No.969 営業のお知らせ

静かなクリスマスから、27日の最終営業日は、

一転、賑やかな浅野屋でした。

ご予約のお客様どおしがお知り合いでもあり、

カウンターは特に賑やかでした。

そんな客席から聞こえてきたのが、

「浅野屋さんのように、一つのお店にずっと通っているところは、

他にはない」という言葉でした。

本当に、皆さん長いお付き合いありがとうございます。

お手洗いに掲げている、「浅野屋心得」の一つに

「お客様とは、一生のお付き合い」を、私も実感します。

その通りに長いお付き合いのうちにはお亡くなりになる方も何人もいらっしゃり、

今年も納棺時にエビフライをお入れになった、淋しいお別れもありました。

そして28日は、例年通りの同じ職場仲間の方々の納会で、貸し切り。

こちらもエビフライなどのいつものお料理の他に

「フォアグラとふきみその最中」などの素敵なオードブルも

お出しさせてもらいました。

Scenter_0001_burst20211228192040243_cove

Sdsc_2052

Sdsc_2056

Sdsc_2060

シャッターを閉めて、新年のポスターを貼って、

店を後にしたのは、とうに日付が替わってからでした。

さて、新年は6日木曜日のディナーより、

営業を始めさせていただきます。

年末年始も含め、今年もたくさんの休みをいただきました。

お休みだったり、お入りいただけなかったりしながらも、

お付き合い下さっているお客様に、お詫びとお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

 

.

2021年12月26日 (日)

No.968 静かなクリスマス

12月26日、日曜日の営業を終えて、外に出ると、おお、雪が。

日本海側では、記録的な大雪となり、名古屋でも雪予報が出ながらも、

1日持ってくれたな、と思ってたら、降ってるじゃありませんか。

今季一番の冷え込みに、身が引き締まる、

いや、身がちじこまってしまいました。

この週末、皆さんはいかがお過ごしでしたか?

クリスマスディナーをやめた浅野屋は、24日金曜日、

25日土曜日ととても良い日周りにも係わらず、思ったより、静かな夜でした。

シェフと結婚して、40年近くにもなりました。

この間、クリスマスディナーやクリスマスケーキと無縁でおれたのは、初めてのことです。

結婚当時はケーキ屋をしていたので、生まれて初めて作るクリスマスケーキは、その頃珍しかった、薪形のブッシュ・ドゥ・ノエル。

寒い寒い店で、深夜まで、なぜ私が?と、涙が滲んだのが、

ついこの間のように思い出されます。

浄土真宗の布教所だった実家は、クリスマスとはまるで無縁で、

ケーキもプレゼントも有りませんでした。

結婚してからは、忙しさのあまり、だいたいけんかで始まり、

皆さんの笑顔を見ながら、充実した日々を過ごしました。

長かったクリスマスとのお付き合いも、

そっと幕を引き、ほっとしています。

もちろんこの日を楽しみに来て下さったお客様には、

精一杯のおもてなしをと、思います。

今年は23日の深夜に、シェフが右肩を強打して、右手が上がらない中、

なんとか休まず、頑張ってくれました。

だんだんと、こんなことが出てくるのかなあと思いながら、

通常営業は27日、1日のみ。28日は貸し切り営業と、残す所後2日まできました。

寒い中、お越しいただいたのに、

お断りしたお客様には本当に申し訳ありませんでした。

実は肩が痛くて、フー、フー言ってるシェフもご苦労様です。

後、一頑張りです。

27日月曜日はご予約がたくさんです。

お問い合わせ下さいね。

 

 

2021年12月24日 (金)

No.967 スペシャルメニューのご案内

2021年も後、少し。

少なくなったカレンダーを見ながら、あれも書きたかった、

これも書きたかったと思いながら、あれもしなきゃ、

これもしなきゃと、気持ちばかりが焦るこのところ。

クリスマスディナーのお問い合わせにお詫びを入れつつ、

少しだけ、いつもと違うメニューをご用意しました。

モッツァレラとトマトのサラダ イチゴ添え  1500円

Sdsc_2032

ホタテ貝のマリネ スペシャルバージョン2貫 700円から

かぶらのポタージュ 500円 

などです。

今が旬のイチゴは贅沢にもあまおう。

酸味と甘味が以外にモッツァレラと合うんです。

あまおうが終われば、あきひめが控えています。

さて、どちらが美味しいか?お好みですね。

Sdsc_2037

ホタテ貝のマリネはディルと一緒に漬け込んでいます。23日以降お出しできます。

優しいお味のかぶらのポタージュも人気の一品。

いずれも、無くなり次第終了です。

そしてお待たせしました。自家製からすみが、登場です。

今年は1回目を早く始めることができたので、

いい具合に干しあがりました。

Sdsc_2038

今は次の大きなからすみが我が家のベランダで風に吹かれています。

Sdsc_1843

 

毎日、裏表を返しながらも、こちらは、もう少し時間が必要なようです。

はじめのボラのたまごからは想像できない色艶になっていく様は、

風とお日様の仕事。

自家製かすみ 700円

他にもワインとご一緒に人気の

くるみとチーズのサラダ  1500円

も、美味しいチーズを揃えています。

通常営業はラスト4日となりななりました。

25日、27日はお席も残り少ないです。ご予約をお勧めいたします。

 

 

. 

 

2021年12月20日 (月)

No.966 営業のお知らせ

12月20日月曜日から22日水曜日まで、

連休させていただきます。

 

23日木曜日から27日月曜までは通常営業します。

お早めのご予約をお勧めします。

ご予約は留守番電話でもお受けしています。

こちらから、改めて、お電話差し上げますので、

お電話番号をお伝え下さい。

 

新年は6日木曜日より営業いたします。

年末年始に向けて、色々なワインが入荷しています。

Sdsc_2015

Sdsc_2014

19日日曜日もワインを楽しむ、お客様から、色々なご注文をお受けしました。

無くなり次第、終了、更新になります。

23日から、ラスト1週間も色々ご用意してお待ちしております。

 

お楽しみに。

 

.

2021年12月12日 (日)

No.965 12月24日と25日の営業のお知らせ

今年はクリスマスディナーの24日、25日は、

通常営業します。

基本的にいつも通りのメニューで、

いつも通りに営業します。

ご予約をお待ちしています。

初めの店から、40年近い月日が経ちました。

その間、例年、クリスマスはディナーやケーキで、

てんやわんやしてました。

今年は、どちらからともなく、

「そろそろ、クリスマスディナーをやめようか」という話しになり、

昨今の風潮も止め時を、後押ししてくれてるようにも思えました。

楽しみにしてくださっていた方がいらしたら、

ごめんなさい。

少し気が楽になって、普通の営業を頑張りたいと思います。

ダメはダメなりに、ぼちぼち行きます。

浅野屋でお待ちしています。

 

 

.

2021年12月 9日 (木)

No.964 ダメはダメなりに

店の連休、初日の月曜日から火曜日にかけての丸2日間、

久々のまとまった雨でした。

雨の中、今朝、ゴミだしに行って、玄関先に置いてある盆栽のもみじが、

紅葉しているのを発見して感激でした。

1月に徳川園に行った時、もみじや、ろうや柿、あじさいなど、

ひょろひょろの枝が青竹に盛り込んで、確か200円くらいで売られていたもの。

その中から、紅葉を楽しみにもみじを選びました。

春になると、ひょろひょろの枝にかわいい葉っぱが芽吹き、

あれよあれよという間に30cmくらいに伸びてきて、

清々しいみどりの葉っぱを楽しませてもらいました。

時々、枝を切り揃えても、伸びてくるので、花屋の燕やさんに相談。

切った方がいいか、大きな鉢に植え替えたらいいか、そのままかと尋ねると、

「うーん、難しい問題。要はその人がどうしたいかよね」

と、答えにならない答え。

小さな青竹容器では、保水もあまりできないようで、

夏の暑い時には、葉っぱもチリチリで枯れかけ、何度ももうダメかと思いました。

が、しかし、たくましいもんです。涼しくなって来ると、

また息を吹き替えし、葉っぱも茂り、下草も増えてきて、紅葉を期待。

ところが寒くなって来ると、紅葉前に葉っぱが枯れて、みすぼらしい姿に。

ほぼ諦めながらも、毎日の水やりとお日様に当てることは続けていました。

そして今日、気がつくと、チリチリになりながらも、

紅葉してるではありませんか。決して見事な紅葉ではないけれど、

ダメはダメなりに、時期がくれば赤くなってくれたこと、うれしい、発見です。

Sdsc_1989_2

「秋の夕陽に照る山もみじ」と童謡のもみじの歌は私の好きな歌。

照葉(てりは)は紅葉の美称、ということを、最近読み、

「照る山もみじ」の意味を知りました。

ダメはダメなりに、健気にも、

たくましく生きるもみじに勇気をもらいます。

これからも、よろしく、盆栽もみじちゃん。

 

 

.

2021年12月 5日 (日)

No.963 お休みのお知らせ

12月6日月曜日~9日木曜日

まで、連休させていただきます。

今年も、あっという間に12月になってしまいました。

コロナに明け、コロナに暮れた1年でしたが、

感染状況の落ち着きに一息つきましたね。

皆さん、そろりそろりとお出かけ、買い物、

お食事と行動範囲が広がっているように思えます。

日曜日のランチに豊橋から、新幹線に乗って、ご来店いただいたHさんファミリー。

実に2年ぶりのご来店ということで、

5年生になったお子さんは、赤だしのお椀の蓋を開けるとなり、

「これこれ、この匂い!」と、笑顔満面。

すぐにご飯と赤だしをおかわりされてました。

2年間、お待たせしました。

私もうれしかったです!

ここに来て、未知なるオミクロン株。

どうぞ、お手柔らかにと、願わずにおれません。

浅野屋は度々の連休、申し訳ありませんが、フラフラの態勢を建て直し、

年末に備えたいと思います。よろしくお願いします。

 

2021年12月 1日 (水)

12月のカレンダーです。

12月のカレンダーです。

毎月ながら、今月もお休みが多く、

申し訳ありません。

2021_12_page_1

 

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ