« No.1068 浅野屋インスタグラムのお知らせ | トップページ | No.1070 営業のお知らせ »

2024年5月10日 (金)

No.1069 墨と紫式部

先日、すごく忙しかった日の夜。

帰宅して、ラベンダーの精油入り、発泡入浴剤のお風呂に浸かり、

ほっーとしていたら、

ふと、墨ってなんでできているんだ?と不思議に思いだして。

多分、ラベンダーの香りが墨の匂いに似ているような気がして、

連想したんでしょう。

子どもの時から親しんでいた墨だけれど何で、

どうやって作っているんだろう?

そして、紫式部はあんなに膨大な字を書いているけど、

どうやって十二単で、墨を摺っていたんだ?と思いだして。

先日、紫式部の硯が見つかったことがニュースにもなっていましたね。

疲れて、ヘロヘロだったけど、お風呂から上がって、

さっそく、墨は何でできているのか調べて見ました。

墨は松やに等を燃やして、煤を集め、

動物の骨や皮を燃やして作る膠を混ぜて、

紙に固着できるようにしたもののようです。

膠が臭いので、香料も入れるようで、

昔はラベンダーはなかったろうけど、

同じシソ等の香りものを入れていたのかも…。

と、ここまでは推測できました。

ユーチューブでも墨の製造工程を見ることができ、

たくさんの灯明から煤を採取しているのは神聖な雰囲気でした。

今でも、ほとんどが手作業です。

でも、十二単で、どうやって墨を摺っていたのか?

シェフはアームカバーのようなものが、あったのでは?と。

そんなばかな。とは言ったものの、疑問です。

翌朝、娘にも聞いてみると、即答で「たすきだよ!」と。

なるほど、たすきか。

そして、今よりもずっと薄かった十二単の話し等も

教えてくれました。

そうはいっても、大量の墨を摺るのは、やはり黒い衣を着た、

お付きの人の仕事だったのかなぁ、なんて思ったり。

大量の墨を摺ると、書く頃には手もヘロヘロだよな、

と思ったり。

男性は黒い衣だからいいのかな?

袖に付いている紐を引くのかな?とか。

色んな疑問が湧いて来ました。

それにしても、不思議ですね。記憶のどこかにしまわれていて、

ラベンダーのお風呂に浸かっていたら、墨を思い出すなんて。

実家の書道教室の墨の清々しい匂いを思いだしました。

浅野屋の看板の文字は亡き私の父が、

特別に書いてくれたものです。

S2405100033291672

 

 

 

 

« No.1068 浅野屋インスタグラムのお知らせ | トップページ | No.1070 営業のお知らせ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ