« No.1072 営業のお知らせ | トップページ | No.1073 休日 »

2024年6月 8日 (土)

No.1073 本場ニース風サラダ指南

自家製ツナと茹で卵やトマト等、具だくさんのニース風サラダです。

これを作る頃になると初夏だなぁって。

固定ファンも多い一品。ぜひお召し上がり下さい。

色々な魚で作って見たけれど私はマグロより、

めかじきの方がパサパサせずに好きなので、

実際にはツナとは呼べないかも…。

今日もたくさん出て、たちまちツナピンチ。

S240606152839697

Simg_20240606_185441_872

最後に、古くからのお客様で、

本場ニース出身のフランス人のお客様がいらしたので、

恐る恐るお出ししました。そしてたくさんの学びもありました。

彼いわく、ツナはマグロの他にメカジキ等でも作ると。

そしてサラダには、たっぷりのトマト、ゆで卵、

セベットと呼ばれる若い若いエシャロットを葉ごと、

ラディッシュ、ブラックオリーブにたっぷりのオリーブオイルとニンニク。

とにかく生野菜をいっぱい。茹でたジャガ芋や豆は乗せないとのことでした。

彼のニース風サラダへの愛着は半端ではなく、

先日の帰国の折りにも、「本場ニース風サラダを守る会」で、

美味しいサラダを食べてきたばかりとのこと。

そして、浅野屋のニース風は見事及第点をいただきました!

マヨネーズと茹で豆はちょっと違うけど、

日本人はマヨネーズが好きだからね、と笑ってられました。

よっしゃ!

合わせるワインも教えてもらいました。

プロヴァンスのロゼ・ワインが最高とのことです。

 

 

 

 

« No.1072 営業のお知らせ | トップページ | No.1073 休日 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ