ニュース

2022年1月20日 (木)

No976 まん延防止等重点措置による営業時間変更のおしらせ。

1月21日金曜日より、愛知県にまん延防止等重点措置が適用されました。

それに伴い、当店の営業時間はディナー・タイムが午後8時までとなります。

お酒はお出しできません。

コロナ・ウイルス感染拡大防止のため、

よろしくご協力お願いいたします。

1月21日(金)~2月13日(日)までです。

 

2022年1月 3日 (月)

あけましておめでとうございます。1月のカレンダーです。

1月のカレンダーです。

相変わらずお休みを沢山頂きますが、

休み休み元気を出して頑張ります。

よろしくお願いします。

2022_1_page_1

 

 

 

 

2021年12月30日 (木)

No.969 営業のお知らせ

静かなクリスマスから、27日の最終営業日は、

一転、賑やかな浅野屋でした。

ご予約のお客様どおしがお知り合いでもあり、

カウンターは特に賑やかでした。

そんな客席から聞こえてきたのが、

「浅野屋さんのように、一つのお店にずっと通っているところは、

他にはない」という言葉でした。

本当に、皆さん長いお付き合いありがとうございます。

お手洗いに掲げている、「浅野屋心得」の一つに

「お客様とは、一生のお付き合い」を、私も実感します。

その通りに長いお付き合いのうちにはお亡くなりになる方も何人もいらっしゃり、

今年も納棺時にエビフライをお入れになった、淋しいお別れもありました。

そして28日は、例年通りの同じ職場仲間の方々の納会で、貸し切り。

こちらもエビフライなどのいつものお料理の他に

「フォアグラとふきみその最中」などの素敵なオードブルも

お出しさせてもらいました。

Scenter_0001_burst20211228192040243_cove

Sdsc_2052

Sdsc_2056

Sdsc_2060

シャッターを閉めて、新年のポスターを貼って、

店を後にしたのは、とうに日付が替わってからでした。

さて、新年は6日木曜日のディナーより、

営業を始めさせていただきます。

年末年始も含め、今年もたくさんの休みをいただきました。

お休みだったり、お入りいただけなかったりしながらも、

お付き合い下さっているお客様に、お詫びとお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

 

.

2021年12月24日 (金)

No.967 スペシャルメニューのご案内

2021年も後、少し。

少なくなったカレンダーを見ながら、あれも書きたかった、

これも書きたかったと思いながら、あれもしなきゃ、

これもしなきゃと、気持ちばかりが焦るこのところ。

クリスマスディナーのお問い合わせにお詫びを入れつつ、

少しだけ、いつもと違うメニューをご用意しました。

モッツァレラとトマトのサラダ イチゴ添え  1500円

Sdsc_2032

ホタテ貝のマリネ スペシャルバージョン2貫 700円から

かぶらのポタージュ 500円 

などです。

今が旬のイチゴは贅沢にもあまおう。

酸味と甘味が以外にモッツァレラと合うんです。

あまおうが終われば、あきひめが控えています。

さて、どちらが美味しいか?お好みですね。

Sdsc_2037

ホタテ貝のマリネはディルと一緒に漬け込んでいます。23日以降お出しできます。

優しいお味のかぶらのポタージュも人気の一品。

いずれも、無くなり次第終了です。

そしてお待たせしました。自家製からすみが、登場です。

今年は1回目を早く始めることができたので、

いい具合に干しあがりました。

Sdsc_2038

今は次の大きなからすみが我が家のベランダで風に吹かれています。

Sdsc_1843

 

毎日、裏表を返しながらも、こちらは、もう少し時間が必要なようです。

はじめのボラのたまごからは想像できない色艶になっていく様は、

風とお日様の仕事。

自家製かすみ 700円

他にもワインとご一緒に人気の

くるみとチーズのサラダ  1500円

も、美味しいチーズを揃えています。

通常営業はラスト4日となりななりました。

25日、27日はお席も残り少ないです。ご予約をお勧めいたします。

 

 

. 

 

2021年12月20日 (月)

No.966 営業のお知らせ

12月20日月曜日から22日水曜日まで、

連休させていただきます。

 

23日木曜日から27日月曜までは通常営業します。

お早めのご予約をお勧めします。

ご予約は留守番電話でもお受けしています。

こちらから、改めて、お電話差し上げますので、

お電話番号をお伝え下さい。

 

新年は6日木曜日より営業いたします。

年末年始に向けて、色々なワインが入荷しています。

Sdsc_2015

Sdsc_2014

19日日曜日もワインを楽しむ、お客様から、色々なご注文をお受けしました。

無くなり次第、終了、更新になります。

23日から、ラスト1週間も色々ご用意してお待ちしております。

 

お楽しみに。

 

.

2021年12月12日 (日)

No.965 12月24日と25日の営業のお知らせ

今年はクリスマスディナーの24日、25日は、

通常営業します。

基本的にいつも通りのメニューで、

いつも通りに営業します。

ご予約をお待ちしています。

初めの店から、40年近い月日が経ちました。

その間、例年、クリスマスはディナーやケーキで、

てんやわんやしてました。

今年は、どちらからともなく、

「そろそろ、クリスマスディナーをやめようか」という話しになり、

昨今の風潮も止め時を、後押ししてくれてるようにも思えました。

楽しみにしてくださっていた方がいらしたら、

ごめんなさい。

少し気が楽になって、普通の営業を頑張りたいと思います。

ダメはダメなりに、ぼちぼち行きます。

浅野屋でお待ちしています。

 

 

.

2021年12月 5日 (日)

No.963 お休みのお知らせ

12月6日月曜日~9日木曜日

まで、連休させていただきます。

今年も、あっという間に12月になってしまいました。

コロナに明け、コロナに暮れた1年でしたが、

感染状況の落ち着きに一息つきましたね。

皆さん、そろりそろりとお出かけ、買い物、

お食事と行動範囲が広がっているように思えます。

日曜日のランチに豊橋から、新幹線に乗って、ご来店いただいたHさんファミリー。

実に2年ぶりのご来店ということで、

5年生になったお子さんは、赤だしのお椀の蓋を開けるとなり、

「これこれ、この匂い!」と、笑顔満面。

すぐにご飯と赤だしをおかわりされてました。

2年間、お待たせしました。

私もうれしかったです!

ここに来て、未知なるオミクロン株。

どうぞ、お手柔らかにと、願わずにおれません。

浅野屋は度々の連休、申し訳ありませんが、フラフラの態勢を建て直し、

年末に備えたいと思います。よろしくお願いします。

 

2021年12月 1日 (水)

12月のカレンダーです。

12月のカレンダーです。

毎月ながら、今月もお休みが多く、

申し訳ありません。

2021_12_page_1

 

2021年11月22日 (月)

No.960 ボージョレ ヌーボーフェア御礼 

2021年ボージョレヌーボーフェアを

終了いたしました。

土曜日のフェア終了後、後少し残ったので、

半額セールを日曜日まで延長。

おいしく、お得な日が1日伸びて、

日曜日にご予約のお客様はラッキーでした。

果実の味がストレートに味わえ、

フレッシュ感溢れる特別なワインを味わえるのは、一年に一度。

若い時期が戻って来ないのは、人間も同じ。

元々、熟成を楽しみ、味わう、ワイン。

若さも、年を重ねても、

それぞれの味わいと楽しみ方があるのも同じかな。

毎年、ヌーボーフェアが終わると、やり残したことが山積みのまま、

いよいよ、今年のカウントダウンが近づいてくるのです。

 

 

.

2021年11月13日 (土)

No.958 ボージョレ・ヌーボー 乞うご期待

10月23日にボージョレ・ヌーボー、第一便が成田空港に到着というニュースの後、

今が到着のピークとのこと。

以前のようなお祭り騒ぎはなくなったけれど、

飲む方の裾野は広がり、気軽に家のみの1本を買われる方も多いのでは。

11月の第3木曜、今年は18日の解禁日から浅野屋では、

恒例の「ボージョレ・ヌーボー・フェア」。グラス50mlから半額でのご提供です。

( 安すぎます。原価は?!)

さて、解禁日が第3木曜日に決まったのは、意外に新しく、1985年からとのこと。

この頃から日本への輸入も始まったとのことです。

ブドウの品種はガメイ1種類で、フランスでの、

いや世界でもガメイを使ったワインはほとんどがボージョレ産です。

ブルゴーニュの多くの地区は粘土質ですが、

ブルゴーニュの南端のボージョレ地区は花こう岩質で、

痩せた土地がガメイには適しているそうです。

果汁たっぷりのガメイは早飲みに適しており、

9月の収穫後に、カルボニック・マセラシオンという特殊な方法で、10月にはワインとして出荷されます。

ガメイから作られるワインは、他の品種から作られる赤ワインとくらべて、色が淡く少し青みがかっていて、

比較的酸が高く、赤い果実の風味を感じることが出来るそうです。

しかし、一部の優れた生産者は、香り高く、

熟成に堪えるフルボディのとても美味しい赤ワインを作り出しています。

10月に出来たワインを今年の新酒として、

11月18日に世界一斉に新酒をあけましょう、

というお祭りがボージョレヌーボー解禁日です。

ここ何年も、美味しいヌーボーをいただいています。品種改良、製造法の進歩、

そして輸出のスムーズさ(もちろん航空便なので、ここがお値段の差です)、

さらに酒販店の取り扱い方も向上しているのでしょう。

ボージョレの年間平均気温は11、5度ですが、

今年は気候が悪く、この4月にはマイナス8度。

6月にはひょうが何度か降ったとのこと。

また雨も多く、それが幸いして、夏の暑さを乗り越えられた、

とも言われます。ハラハラさせられる天気でした。

それでも手作業でブドウの世話をしてくださる人々がいて、

一生懸命に発酵に取り組む人々もいて、

1本のワインが届けられます。

今年もきっとベリーの香りいっぱいで軽やかな、

フレッシュ・ヌーボーが到着することでしょう。

皆さんで、乾杯できればと思います。

ご予約は留守番電話になるかもしれませんが、

こちらから、必ずご連絡差し上げます。

ご不便おかけしますが、よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

より以前の記事一覧

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ