日記・コラム・つぶやき

2020年7月 5日 (日)

No.855 驚異の生命力

お世話になってる八百屋さんではこのところ、アーティチョークが満載で、毎回勧められます。

ちょっと待って下さい。相手はアザミのつぼみ。

それも10cm以上あるつぼみを茹でて、がくを取り除き、台座のようなところしか可食部がありません。

美味しいけれど手間がかかり過ぎて、いつもパス。

イタリアンでは、そうじしたものを縦に切って、フリットにしたものをいただきおいしかったです。

スルーして、帰ろうとしていたら、八百屋さんが追いかけてきて、

車の窓から、小さなアーティチョークを「食べて」と入れてくれました。

小さ過ぎて食べるところもなさそうなので、オブジェとして飾っておいたら、

少しずつ開いてきて、紫の花が出てきました。

Shorizon_0002_burst20200628193450285

Shorizon_0001_burst20200628193510990_cov

ヨーロッパでは、よく食される食材だけれど、日本では、まだまだ。

大きな葉と大きな花がつくため広い栽培面積がいるようです。

南米で広大なアーティチョークの畑を成功させた、日系人の新聞記事を見たことがありました。

お客様から、今池駅にいけ花として、飾ってあり、

最初、菊かと思ったとのこと。

そうなんです。アザミは菊科の花なんですね。

驚異の生命力といえば95歳の義母。3月初めに介護施設に入ってから、一度も会っていませんでした。

やっと制限付きでも面会できるようになったので、4ヶ月ぶりに会いに行きました。

私はどう思っているかな?とドキドキしていて、後で写真を見ると緊張した顔つきに写ってました。

一緒に行ったシェフは久々にお母さんに会い、こぼれんばかりの笑顔。

ご心配おかけしましたが、元気で過ごしておりました。いつもありがとうを忘れない義母。

職員さんとも入所の皆さんとも、仲良く過ごしてくれている様子でほっとしました。

それにしてもこちらも驚異の生命力。入院やけがを何度しても復活できるし、見事に環境に適応しています。

アーティチョークと高齢の義母から元気をもらいました。さすがにアーティチョークは萎んできました。

どんなに生命力があったとしても、生命には終わりがあることも、厳然とした、事実ですね。

と、ここまで書いて、このところずっと気になっている、サバクトビバッタのことを思い出しました。アフリカ東部に大量発生したバッタはパキスタンやインドにまで、襲来しています。1日に150km移動。1日に3500人分の食料を食べ尽くし、移動していくとのこと。南米でも発生中。これは本当に驚異の生命力です。

決して豊かではない国々を容赦なく襲うバッタとコロナ。

バッタにはバッタの理があるのだろうけど、バッタさん、どうかお手柔らかにね、と願わずにはおれません。

世界のどこかで起きたことが決して対岸の火事ではない世界に、どんどんなっています。2020年、年賀状に「今年も良い年に」と皆さん書かれたことでしょう。現実はまさかの連続のうちに上半期が終わりました。

 

.

2020年6月 6日 (土)

No.849 説明難しい!

先日の子どもさんの「カードのお金はどう支払われるか」の話を娘にしていたら、

「うちのおばあちゃんも色んなことを聞いて、私も苦労したよ」と言います。

新聞を広げて「アベノミクスって、安倍さんのこと?」とか。

うわー、私も忘れていた。最近は「アベノマスク」しか頭になかった。

一番困ったのは「ヤッホーって何?」と尋ねられたこととか。

デイサービスに行っていた時「ヤッホー」と声をかけられたらしいです。

「山で呼ぶ声、とか山で喜んで出す声とか説明したけど」と言います。

さっそく辞書を引いてみると「山での呼び声、互いの所在を明らかにし、

あるいは歓喜を表すときに発する」とあるので、あながち間違ってもいません。

別の辞書では、「今ではあまり使われない」とも。

ええ~。私、みんなを起こしに行くときいつも

「ヤッホー」って言ってるんですけど。今やヤッホーは死語ですか?

先日は実家の母に交通系カード1枚で新幹線やその他のJR始め私鉄も

乗り継いで来ていると言うと「1回もお金を出さないのか?」と聞かれ、

いや、財布を出さないだけでお金は出すんだけどなーと、

これもまた、説明が難しいです。私はマナカ、弟はイコカ、お嫁さんはキタカと、

色々見せたのでますます、怪訝な顔の母。「これでリカマンも払っているよ」との言葉に、

母の顔を見て、もうみんな説明はあきらめていました。

でも、私も良くわからない。自動車がどうして動くのか、水道から切れ目なく水が流れるのか。

わからないけど、毎日使わせてもらってます。

誰かに説明しようとすることは自分への問いかけでもあるんですよね。

 

.

2020年6月 4日 (木)

No. 味わえる喜び

土日営業で、疲れが抜けず、月曜日も忙しく、このお休みはダウンしてしまいました。

少しずつ日常が戻ってきたのか、お客様からはお喜びの声を聞かせてもらうことが多い、この頃です。

土曜日は久々にコースをお請けしました。浅野屋定番のお料理の他にも、色々ご用意しました。

Sdsc_0888

ヒラメのカルパッチョには、本当に旬のアスパラソバージュと可愛い花が付いたコリアンダー(皆さんお馴染みのパクチーです)でパンチを。

Sdsc_0889

ホタテ貝のフリットと共にアスパラとヤングコーンのフリット

 

生ハム色々とメロンのサラダ

 

Sdsc_0892

色も鮮やかなグリンピースのポタージュ

 

定番のエビフライと

 

Sdsc_0893

フォアグラ入りメンチボール

Sdsc_0894

デザートはバニラアイスのイチゴソース

楽しいご歓談の後で

「久しぶりに季節を味あわせてもらいました。

美味しくいただき、楽しかったです」とのお言葉。

良かったです。準備させてもらった甲斐がありました。

月曜日には久しぶりのお客様が数組。

皆さん近況のお話しで盛り上がりました。

関東在住の女性は、お母様がお住まいだったおうちを時々見にいらっしゃり、

その都度、お母様が好きっだった浅野屋にも、顔をだして下さいます。

メニューを選ぶ時には必ず「お母さんがこれが好きっだったから」と

おっしゃってます。

彼女も「久しぶりにこんな食事をした。ずっと自分で作った同じようなものばかりだったから。」

とお食事を味わい、心から喜んでられるようでした。

当たり前にしていたことが、実は当たり前ではなかったことに、

不自由を少し経験してみてわかったこともたくさんありますね。

そういえば、こんなことも。町中で良く見かけるようになったウーバーイーツをもじって、

お孫さんの待ってるお宅にお弁当を届けるおばあちゃんが

「私はバーバーイーツ」といいながら、お帰りになりました。新語が一つできましたよ。

 

2020年5月25日 (月)

No.846 賢い子ども その後

先日、当ブログにて、お支払い時のカードでのキャッシュレス決済に疑問を持たれたお子さんへのお答え。

ご両親は「カード会社が払ってくれる」でしたが、私ならなんと答えるか、その後も考えていました。この手の質問に的確に、子どもにも分かるように答えるのは、案外難しいと感じます。あまりにも普通に利用していて、大人はあまり疑問に思うことがないから。

ATMの前でいつもどぎまぎしてしまう私。コンビニにある多機能の器械の前ではなおさらです。要はお金がどのように回っているかを、自分でもよくわかってないのでは…。

それはさておき、「お金を、カードの会社がお父さんに代わって、お店に支払い、後で、お父さんがカードの会社にお金を支払らう」が正解かな?と思うのですが、皆さんなら、なんと答えられますか?


2020年5月22日 (金)

No.844  食べ継いでいきたいもの

先日のタケノコじゃないけれど、季節がめぐると、

次々とその時期においしい野菜や魚が出てきます。

タケノコとわかめの若竹煮やひじきの煮物。

若い人にも食べやすい、ひじきのサラダやネギとのゴマ油炒めなど、

海藻類も初夏ならではのもの。

鰹を蒸して作るなまり節とフキの煮物に、グリンピースを入れて炊いた豆ご飯、

タケノコの若竹煮という取り合わせは初夏の訪れと共に、必ず思い出す献立です。

先日は「わらびこれが最後」というポップに思わずわらびを手に取りました。

ホロ苦く、炊くとぬめっとするわらびが大好きだけれど、これが結構高い。

その日は破格値だったので、たくさん炊いて、お隣にも、おすそ分け。

Sdsc_0869

今では「それなあに?」と必ず聞かれるずいきの煮物や酢の物は、女性の味方。

「血の道を整える」と教えられていたとお客様と話していると、

「そもそも血の道なんて、今時言わない」と笑われてしまい。

菜っぱとお揚げさんの炊いたのやおひたしなど、

手数がかかる割には地味なおかずだね、と母とも話していました。

でも、食べ継いでいきたい、日本の風土に即したおかずです。

私も子どもの頃から食べ慣れていたので、作るし、娘も作り、またリクエストもしてくれます。

私は未だに母の作る、ふわっと柔らかいおひたしを越えられないと作る度に思い。

多分、茹で加減、菜っぱの絞り加減が、作ってきた数だけ料理に現れるのでしょう。

若い人に賄いで出す時は、「大丈夫?食べられる?」と遠慮がちに。

女の子はみんな興味深く食べてくれるけど、男の子は、やっぱり肉 !! 

肉がないと食べた気持ちがしないようです。

でも必ず、お肉の横に一品、季節の日本のおかずを取り入れていただきたいです。

洋食店にて浅野屋では、なかなかできないですけど。

先日休業要請中の料亭の女将さんがいらして下さいました。

「和食はなくなりません。年齢が上がると共に、必ず和食に帰ってきます」とおっしゃってました。

私は、それには小さい頃から、お母さんが食べさせてあげることが大事と思います。

浅野屋は、まだまだお弁当も多いです。

意外にお弁当のリクエストとして多いのが「くるみとチーズのサラダ」1400円 店としては、長年作り続けてきて、

そして作り継ぎたい1品です。

動物たちの出産シーズンが終わった今は、シェーブルなど、ヤギのチーズのおいしい時期です。

Sdsc_0876

 

2020年5月11日 (月)

No.842 賢い子ども

日曜日のディナーにご家族でいらっしゃったお客様。

3年生くらいのお嬢さんがいらっしゃいました。

入り口のアルコール消毒のお願いで、手荒れを心配されたご両親に、

「でも、これが一番(コロナに)よく効くとテレビで言ってたよ」と。

楽しくお話しながらのお食事の後、カードでのお支払いの時。器械を操作していると、

「ねえ、このお金はどうして支払われるの?」との質問。

とっさの質問にご両親も、モゴモゴされ、私も操作中で答えにくく、

そしたらご自分で「銀行から支払われるのかな?」と。

ご両親も笑いながら「カードの会社なんだけどね」、と。

でも、答えはほぼあってますよね。私は賢い子どもだなーと感心しました。

学校の休みが長引き、子どもたちの学びの機会が奪われています。

兄弟がいる家庭のお母さんからは、「争いのない日はない」とお疲れの声も。

でも、子どもの好奇心はいつでも、どこでも発揮され、

こんな日常のひとこまにも学びがあることに気づかせてもらいました。

子どもの目がキラキラしていることが忘れないように。

学校がなくても、学びを休まないのが、子どもですね。

5月11日(月)~14日(木)まで連休させていただきます。

私も瞳がキラキラした孫にちょっと、会いにいきます。

 

2020年4月 1日 (水)

No.831 4月1日はエイプリルフール

子どもの頃にはエイプリルフールが流行り、その日が近づくと、

どんな嘘を言おうかな?と楽しみな考えごとをしたものです。

春休みということもあり,気分も開放的だったのかもしれません。

近頃はあまり聞かないなあ、子どもがいればいうのかな?とか思ってましたが、

今年に限ってはそれどころではない事態。

4月1日に非常事態宣言がでるなどとネットに飛び交い、

シャレでは済まされない空気感です。

だから、あえてエイプリルフールの話題を。

学生スタッフのMさんのお話しです。今春、大学院進学のお兄さんの卒業証書が郵送で届いたそうです。

卒業式もなくなり、証書も郵送とは、いかにも今年ならでは。

受け取った彼女は「開けてもいいかな?」と尋ねて、開封した後、

「お兄ちゃん、単位が足りないと書いてあるよ」と悪いギャグ。

お兄ちゃんの驚きようは相当だったと笑ってました。

もちろん卒業証書がきているのだから、単位不足は彼女の嘘。

それを聞いて私は「エイプリルフールには、ちょっと早いよ」と。

私の子どもの頃の最大のエイプリルフールは、大勢のお兄さん、

お姉さんたちにだまされた、大阪堺市置き去り事件です。

浄土真宗の布教使として、各地に布教拠点があった父は、

布教先に時々は、私を一緒に連れて行っていました。

同居していた叔母が一緒だったことが多かったと思います。

兵庫県の豊岡、親戚の和歌山、遠くは北九州と色々なところへお供させてもらいました。

中でも、私のお気に入りは堺市のIさんのおうちです。

Iさんのおうちには、同学年のお友達の他にもお兄さん、

お姉さんとたくさんのお子さんがいらっしゃり、とてもにぎやか。

近所のおじさん、おばさんに混じり、

子どもたちも大きな仏間に集まって、真剣に仏法のお話を聞きました。

中庭というのか、真ん中の広場を取り囲むように母屋があり、離れがあり、

そして酪農をされていたので、牛舎もありました。絞りたての牛乳が温かいこと、

煮沸して少し薄めていただいたことなど、今となっては貴重な思い出です。

おうちの離れは子どもの楽園です。

小さな建物に何人かの姉妹が寝起きされていました。

マンガがいっぱいあり、じゃれあって遊んでいたところ

「きっこちゃん、先生はもう京都へ帰られたよ。ここにはあなたしかいないよ」と晴天の霹靂の言葉。

確か小学校の低学年だったと思います。堺市まではいくつも電車を乗り継いで来ていたので、私は真っ青。

とても一人では帰れません。広いおうちを半泣きで探しても父も叔母も居らず…。

私の辛抱が途切れようとした時に、

みんなが「あのね、エイプリルフールだよ。先生もおばさんもいらっしゃるよ」と。

クスクスみんなで笑っています。父たちは隠れていたようです。

私の人生最大のエイプリルフール。本当に真っ青でした。

50年位前の話か。書きながら、過ぎ去った年月の長さを思いました。

今は父も、可愛がってくれた叔母も、堺の家のおばさんも亡くなられています。

そのおうちの牛たちもとっくに姿を消していて、今は住宅街になっているとのこと。

けれども、子どもの頃から一緒にお話を聞かせてもらったお姉さんたちとは、今もずっと大切なお友だちです。

 

.

2020年2月 9日 (日)

No.821 2月9日営業再開

永らくお待たせしました。2月9日(日)ランチより営業再開します。

お休みに行ったインド仏教遺跡巡拝の旅。

覚悟をしていたけれど、10日間にバスで走った距離は2032kmという、

大変な旅でしたが、なんとか生還しました。

お釈迦様が一生にたどられた道の凄さの一端を感じる旅でした。

また、少しずつアップしますね。

Horizon_0002_burst20200129180939690

Center_0002_burst20200130100751975

Dsc_0699

では、浅野屋でお待ちしております。

 

.

2020年1月 5日 (日)

No.817 お正月雑感

 2020年 新年おめでとうございます。

今年も浅野屋洋食店をよろしくお願いいたします。

年末営業の最終日に怪しいなと、思っていたら翌朝、

いきなり声がでなくなっていて、明らかに風邪。

それでも熱もなく元気だったので、お正月を迎える準備をしていました。

ところが実家の京都へ帰る日にはさらに悪化。

さすがに休日診療所へ行き、インフルエンザではないことを確認したものの、

満員の新幹線に荷物を持って乗る元気なく、帰省は1日ずらして家族と車移動にしました。

声がでないのは本当に不自由で、少々耳が遠くなっているシェフとの会話にはイライラするばかり。

そう遠くない、爺さん、婆さんの近未来図を体感した年末年始でした。

今年のお正月は温かくて良いお天気でしたね。

みんな揃ってのお節料理は、買ったものや母と私が作った物の盛り合わせ。

私は今年は特に丹波の黒豆とクワイとユリ根の姿煮を頑張りました。

黒豆の煮物はお客様でとてもお上手な方がいらっしゃり、

毎年、少しずつできた豆の交換をしつつ、豆の炊き方を披露しあってます。

その方のご指名の豆を買い、私はプルーンと赤ワインを入れて炊いています。

豆が高価なので、さすがに慎重になったお陰で、今年は出来上がりに満足。

Dsc_0256_20200105093801

芽が出てめでたいとされる一ノ重に入れるクワイは、お節の中でも一番の私の好物。

八百屋さんが有機のクワイを勧めてくれて、

クワイに無農薬や有機栽培なんて考えたこともなかったけれども、

こちらもくちなしの実を入れて慎重に炊いたら

シェフからは「今年は買ったの?」といわれる出来に、やったー。

ユリ根の姿煮が家でもできると知り、こちらも慎重に土を落としてやれば、

バッチリとなりました。これは出来た時は本当に嬉しかった。

Dsc_0260

そんなこんなを細々詰めて、みんなで新年の挨拶をしてお重を囲みました。

高齢で身体の自由が効かなくなっている母からは、揃ってお節を食べるのは、

今年を最後にしてほしいと言われていました。

母が作る優しい味の白味噌のお雑煮。「来年は良い青海苔を持って来るね」と言うと、

母からは「来年はない」と言われ、ハッとしました。

父の最晩年の正月に「また来るからね」と言って別れようとしたら、

老化が進んでいた父の口から、「またはない」とびしっと言われたことを思い出しました。

誰も何も言わなかったけれど、みんな最後のお節、最後のお雑煮と思って食べたと思います。

父と母はとても優しいけれど、大切なことは、身を持ってきっちりと教えられてきました。

母の一言で、新年にふさわしい、心改まる時間を過ごさせてもらいました。

さて、みんなで食べないとなると、次回は作るかなあ?

食いしん坊魂が騒ぐや否や。

お休みをたくさんいただいたお陰で、風邪はやっと快方に向かっています。

5日の営業日には、ご迷惑をおかけしないようにしますね。

1月5日(日)ランチより営業いたします。浅野屋でお待ちしています。

 

お正月はやっぱり丸餅。結婚したばかりの頃、

のし餅をテーブルに広げて切っている義母を見て、びっくり。

食文化ショックがたくさんあった中の思い出の一駒です。

Dsc_0275

 

.

2019年10月17日 (木)

No.801 あわただしかった1週間

大型台風あり、ラグビーの試合ありと話題には事欠かない1週間で、

浅野屋も何かとあわただしかったです。

先の台風被害でみんなが不安がっているところに、さらにもっと大きい台風の予報が。

異例の早さで、気象庁の会見があったり、鉄道の運休が発表されたりで、

不安は募るばかり。浅野屋も12日の土曜は終日休業させていただきました。13日に例年通り、運動会のお弁当の注文を受けていたので、

心配していたところ、早々に延期の連絡あり。やれやれと思っていると、延期日は雨。

でもなんとか運動会は強硬突破。お弁当も無事に納品できました。

Dsc_0147

他にも豪華なお弁当のご注文あり、こちらも夜の営業前に無事に納品。

Dsc_0142

お弁当といえばラグビーの試合の日にも、お弁当のご注文がいっぱい。

皆さんおうちでお弁当を食べながら観戦でしたか。店も、7時過ぎまでが目が回る忙しさでした。

それにしてもラグビー、日本代表は強いですね。

難しいルールはわからないけれど、押してもひけをとらないし、

動きは素早いし、最後まで諦めず粘った熱戦は手に汗握るものでした。

営業後にスマホで試合を見ながら片付けをしているシェフ。

でも、アルバイトの女子大生は、興味がないと。彼女たちの視線は男子バレーとのこと。

「バレーの方がイケメンが多いし、背もスラッとして格好いい」と思わぬ発言です。

確かにバレーボールも頑張っているようです。世代ギャップを感じた瞬間です。

それにしても、今回の台風は不気味でしたね。

名古屋は大きな被害は出なかったけれど、降り続く雨。ひたひたと押し寄せる恐怖とでも言うのか、

広範囲な被害は目をおおうばかりです。こんな時、当店のお客様で名古屋大学のT先生が必ずテレビの解説に出られます。

先生は台風や竜巻のメカニズムなどを色々な方法で研究されています。

巨大化する台風ですが、まだまだわからないことが多いようです。今後もご活躍され、予測の精度を上げ、被害の尋小にご尽力くださることと思います。

さて、季節は一気に秋。「生ハムとフルーツのサラダ」にお待ちかねの洋梨が始まりました。

初めて見た赤くなる洋梨「フレミッシュ ビューティー」。トロリとしておいしい。剥くと、中は普通の色です。

Horizon_0001_burst20191017000534577_cove

 

より以前の記事一覧

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ