日記・コラム・つぶやき

2018年5月13日 (日)

No.693 初心者マークにご用心

先日より変則営業でご迷惑をおかけしています。

当分の間、月、火、水、木がお休みで、次の営業日は18日金曜日です。

結婚した次女に赤ちゃんが生まれました。

5月5日のこどもの日に男の子の誕生です。

予定日より早く生まれそうとの連絡を受けて、落ち着かない毎日を送っていましたが、

結局は予定日より少しだけ早くなっただけで、充分な大きさになって、

元気な産声をあげました。

私は連休中にすごい混雑の新幹線に乗り、往復しました。

退院後は、初心者マークながら、いきなり本物の生きた命を預かるのですから、

若い夫婦は大変です。

ママの体がしっかりしてくるしばらくの間、私がヘルプに入りました。

そんな訳で、営業日が少なくなり、お客様にはご迷惑をお掛けしています。

不在の間はスタッフとスタッフOBの助けをいただいています。

私は珍しく専業主婦の時間をいただき、

好きな家事をゆったりとできる時間を味わっています。

でも赤ちゃんとの毎日はなかなか忙しいです。

赤ちゃんの命を預かる若い夫婦も大変ですが、

預ける赤ちゃんも大変だなと思いながら見ています。

車の免許でも、もう少し教習所へ通うのに。

今のところはよく飲みのちゃんと出して、大きな声で泣いて、

赤ちゃんも頑張ってます。

5月の爽やかな風に吹かれながら。


.

2018年4月11日 (水)

No.690 名古屋vs.京都

結婚して、名古屋へ来て、早、30数年。とっくに生まれ育った京都にいた時間より、

名古屋で過ごした時間のほうが長くなりました。

生活しやすい町、名古屋が好きで、

自分ではけっこう名古屋人としていけてるつもりだけれど、

未だにお客様からは「関西でしょ。どこ?」と言われます。

京都大好きな人が多い名古屋では、「京都です」と答えたとたん、うらやましがられ、

お客様の京都愛を聞くこともしばしば。

本当に皆さん京都のことはよくご存知です。

先日も同じような質問が男性のお客様から。その方は大阪ご出身だとか。

「関西バレバレよ」といわれ、しばし、京都や大阪と名古屋の食べ物の違い談義に。

漬物の「スグキ」「日野菜」「壬生菜」みんな知らんねえ。

おいしのになあと言われます。

お隣の女性はキョトンと、まるで知らない言葉のようです。

名古屋へ来てのカルチャーショックはなんだったかと言われ、

私は「普通のお揚げちょうだい」と言って、

豆腐やのおばさんから「これが普通の揚げや」と怒られた話をすると、

男性はおでんやさんで「飛龍頭」(ひろうず)が通じず、

「がんもどき」と言い直されたと言います。どちらも揚げやね。

そもそも京都では、「揚げ」などと呼び捨てにはせず、「お揚げさん」どす。

その他、煮ても煮ても柔らかくならない味噌煮込みうどんに面食らったり、

どす黒い味噌に浸かっている味噌おでんにびっくりしたりの話が続きました。

お雑煮に入れる金時人参で12月31日にけんかになった話をすると、

男性はコンビニで「豚まんちょうだい」というと笑われ、「肉まん」と訂正があったと。

「大阪では、誰も蓬莱で肉まんちょうだいといわへんよ」って。

ところ変われば変わるものです。私の最大のびっくりは、

デパートの店員さんに「こちらはお値打ちです」と言われたこと。

京都では、定価で買って、

その掛け紙が掛かっていることに意味があるデパートでの買い物。

名古屋、実質的本音文化vs.京都、建前文化。

私は名古屋はとても生活者に優しい町と思いますが。


2018年4月 5日 (木)

No.689 春満開

暖かさを通り越して、夏日にもなる名古屋。

我が家のずぼら庭も球根や宿根草で春満開です。

玄関先で毎年咲いてくれる水仙たち

S050

S039

昨年は忙しくて球根を植えられなかったチューリップですが、

毎年出てくる原種チューリップが今年は2倍に背が伸び、花いっぱいに。何で?

S047

ポツポツ灯る灯りのようで、大好きな山吹の花。

S052

昔、宇治の平等院へ出かけた時、

父が庭の山吹を見て私の子どもたちに「何の花か知ってるか?」と尋ねました。

私はそれが大好きな花だったので、子どもを差し置いて答えると、太田道灌と山吹の話しをしたかった父は話の腰を折られ、苦笑い。

そんな思い出の花です。

ビオラやムスカリやクリスマスローズや桜草と、

花芽をいっぱいつけたジャスミンにお日様に向かって伸びる鳴子と

次々の開花が楽しみな季節です。

S049


.


No.688 あれから1年 そして…

昨年3月末に、今の浅野屋の工事が終わり、

厨房機器の搬入が、3月29日、コンテナに預けていた家財道具の引っ越しが30日、

その後はバタバタと開店準備になだれ込んで行きました。

あれから1年たつんですね。

本オープンまでに本当にお客様をお迎えして、ここで料理を作れるのか、

プレオープンで初めてのお客様をお迎えしたのが4月12日でした。

過ぎてみればあっという間の1年をなんとか乗りきったという感じです。

色々と至らないところだらけですが、大勢の方々に支えられ、

なんとか店らしくなってきました。

このところ、以前の浅野屋のお客様が見つけて来てくださることが続いています。

再開と再会を喜び、「懐かしい味」と口々におっしゃいます。

煮込みハンバーグだったり、エビフライだったり、

特段変わったメニューではないけれど、「時々無性に食べたくなる」とか、

「この味、懐かしい味」とおっしゃって下さることが、うれしいことです。

そして、お客様から、「毎年、周年記念で記念品くばってましたね、今年は?」と

聞かれます。うわー、大変。リクエストですよ!

一応、初めの浅野屋を始めて、6月で丸19年になるので、

6月には企画したいと思っています。

ていうことは…来年が無事に迎えられれば20年。もう驚きですよ!

1年たった内山の浅野屋から「これからもよろしくお願いいたします。」

今週のおすすめ

フルーツトマトとスナップえんどうと水牛のモッツァレラのサラダ 1200円

  フルーツトマトがめちゃくちゃ甘いです。季節限定の味をいつもより100円

    プラスでの、ご提供です。


.

2018年3月28日 (水)

No.687 桜満喫

忙しい一週間だったけれど、やっと定休日。必ず休みは来る。

友人と約束していたお花見に、今年は名城公園へ出かけました。

北区の友人の自宅から、堀川沿いに延々と桜並木の下を自転車で進むと、

20分ほどで名古屋城横の名城公園へ到着。

途中、今噂の八王子中学(前川氏公演)の横を通り、

名古屋に八王子?の現場も見て来ました。

公園前で他の友人とも合流して、一気に暑くなった青空の下、

さっそくお弁当を広げて、

おばさんたちの近況報告などよもやま話にも、花が咲きます。

名城公園は大勢の家族連れで大にぎわい。

Sdscn5559

特に御深井池の周りは池の水面に桜が映り、とても綺麗でした。

Sdscn5563

ミモザの木も満開。

Dscn5541

車での行き帰りに名鉄瀬戸線にも桜のアーチの箇所を発見。

日本は桜に彩られた国。春の訪れを素直に嬉しく、満喫した一日となりました。

2018年3月26日 (月)

No.686 千手観音にもなれない

季節はすっかり春。凍える寒さの冬を乗りきり、乱高下した3月も後半になり、

あっという間に桜満開。春休みも始まり、浅野屋も忙しくなってきました。

ご予約貸し切りが続き、ご迷惑をおかけしていました。

17日にはマックスの16名を超える19名の貸し切りを自宅から椅子を持って来て、

なんとか乗りきりました

力を貸してくれた大学4年生のバイトの子たちもいよいよ卒業。

昨日の満席時には1年生のT君が頑張っていました。

お客様へのお茶やおしぼりだし、次々入るオーダーへの対応、そして大量の洗い物。

慌てる彼にシェフが「T君、深呼吸して」と叫んでます。

ついには側まで来て「正しい深呼吸の仕方を知ってるか?」とレクチャーしだすので、

ただでも忙しいT君は大変。

そんな事より早く料理を作ってよ、ってね。私も笑えてきました。

そういえば、ずっと前に、今よりずっと忙しい時に、長大なオーダーが入り、

読み上げれば、シェフの顔色が真っ白になると思いながら、

オーダーを読み上げ出したとき、

大変過ぎて笑いが止まらなくなったことがありました。

昨日もなんとか終わり、賄いを食べながら、私とシェフでT君に慌てないコツを伝授。

生真面目な彼は、なんとかお客様をお待たせしないように、早くしようとして

あわてていることに気づかずにいると言います。

深呼吸もいいし、わざとゆっくり歩いたり、ゆっくり動作をするのもいいよ、

といいながら、それでもどうしても大変な時は、お客様を見ないようにする! 

という奥の手まで伝授。

必ず終わる、順番に料理は出る、そう思うと焦る気持ちも多少はましに。

まあ、なるようになると腹を括るということかな。

その日もなんとか片付けも終わり、賄いまできました。

誰しも千手観音にはなれません。

色々な経験が難局を乗り越える糧となるんですよね。

一つづつやっていきましょう。


.

2018年3月 9日 (金)

No.683 聖徳太子にはなれない

今週の月曜日と木曜日は、荒れた天気で、全国的にも強い雨降りの日でした。

こんな雨なら、お客様も少ないかなと思っていると、そんな日に限り、意外にいらして、

特に木曜日は一瞬てんてこ舞いになりました。

バイトのT君、卒業論文が大詰めでしばらくお休みの後の出勤で、あたふたしてました。

シェフからじゃがいもを洗い、芽を取るよう言われ、やってましたが、

包丁の持ち方がぎこちなく、危なっかしい。

「包丁はこう持ってこうするのよ」と私が言ってる時に、シェフから、新たな指令が。

混乱したT君は「二人同時にしゃべらないで下さい!」と。

やはり聖徳太子は偉かった。 

好評だったビーフカレーは終了しました。

次回は7月頃の予定です。カキフライもそろそろ終了します。

今週いっぱいかな? 食べ納めにお越し下さい。


2018年3月 7日 (水)

No.681  3月11日の交通規制について

3月に入り、一気に春めいて来ました。日差しの力が強くなり、

洗濯物の乾きも違います。服装も一枚違うと、ずいぶんと身軽。

もうあの寒さには戻らないよなと、それだけでも気分も軽くなります。

私は1週間ほど前、仕事中に突然ぎっくり腰に。

少し前から違和感を覚えていたけれども突然の来訪でした。

休養したり、整体の先生のお世話になったりしながら、

仕事はなんとか続けることができました。

さて、3月11日(日)は毎年恒例の「名古屋ウイメンズマラソン」の日。

参加者が増え、2万人近い女性が名古屋ドームをスタートします。

問題は交通規制です。お気をつけ下さい。

浅野屋の近くの南北に伸びる環状線は午前9時前から、

午後4時過ぎまで通行止め。

車だけでなく、環状線の横断は人も自転車もできなくなります。

あまりに長い交通規制の時間に陸の孤島にならないか心配してます。

ご来店は、地下鉄をぜひご利用下さい。今池駅からは問題なく歩いて来れます。

詳しくは「名古屋ウイメンズマラソン交通規制」で、ネット検索できます。

先日の日曜日、ランチも一区切り付きほっとしていると、

見慣れぬおじいさんが1人いらっしゃいました。

「この辺りに長壽寺というお寺はないかね」と道のお尋ねです。

聞いたことがない名前。すぐに地図で調べたけれども、近隣にはなく、

よく聞けばずいぶんと遠くの緑区お寺に行きたい様子です。

おじいさんは、美浜から知多中央道を走ってきたと聞き、びっくり。

なぜここへ、どうしてたどり着いたか謎です。

そしてなぜ、浅野屋へ尋ねに来たのか? 今、話題の認知症の老人の運転か?

私は「まず、交番へいかれたらどうですか。交番わかりますか?」と

言ってみたけれど、話は通じず。結局、「ありがとう」とお帰りになりました。

おじいさんは自分の来た所は分かっていたけれど、

行き先はずいぶんと不確かでした。

自分の行き先が説明できない、行き先が分からぬこともわからない。

それはなんて不安なことか、人生を考えさせられたヒトコマでした。


2018年2月22日 (木)

No.680 アールヌーボー家具と犬

会期も迫って来ている、「木彫りどうぶつ美術館 はしもとみおの世界」展を

見て来ました。

会場は新栄のヤマザキマザック美術館とお近くなのに、

チャンスがなくて、会期末ギリギリに飛び込み。

犬や猫など、身近にいる動物や、羊やラクダなどの家畜の姿を、

今にも動き出しそうなリアルさで表しながら、

そこに息ずく温もりを感じさせられる作品に魅せられていました。

はしもとさんの思いもあり、ほとんどの彫刻は触ってよし、

写真よしの素敵な展覧会。

S20180221_153658

犬や猫を撫で撫でして、その質感、量感、温もりまでを楽しませてもらいました。

今回はヤマザキマザック美術館での展示ということで、

なんと所蔵のエミール ガレなどの家具との競演。

S20180221_155439

ベッドに猫、棚の隅にも猫など面白い展示でした。

S20180221_160953

加えて彼女の数多くのデッサンや、

まるで立体作品のようにも見える水彩画の展示もたくさんあり、充実していました。

S20180221_155659

つかの間、日常を離れ、素敵な時間を過ごさせてもらいました。

「絵を描くということは、うまく描くために描くのではなくて、よく世界を見るために、

よく感じ、よく学ぶために、そしてそのことを、だれかに伝えるために、描くのだよ。

見る人のことを思って、描くのもいいよ。世界と君をつなぐ、窓なんだよ」

こどもたち画伯につたえたい、10のことより

大切なことを平易な言葉で語ることのできる人はすごいなと、いつも思います。


.

2018年2月20日 (火)

No.679  柔らかな光

懸案だったカウンター上の照明を新しいものにしました。

以前は最初についていた和風照明をそのまま使ってましたが、

お客様から「古い温泉旅館のバーカウンターみたい」と言われ、

付け替えを考えていました。

気にいったものが見つかり、大掃除もしたので、今回お目見えです。

ガラスのランプシェードからの灯りは暖かく、柔らか。

イメージしていたようになりました。

S003

お客様からは意外に反応なし。

あまり上は見ないかな?違和感なく溶け込んでいるんだよねと言うことになりました。

座布団カバーと照明と暖簾をミニリニューアルした浅野屋へぜひお越し下さい。



より以前の記事一覧