日記・コラム・つぶやき

2017年6月26日 (月)

No.617 成婚率50%l

23日、24日と貸し切り営業が続き御迷惑をおかけしました。

24日土曜日は、シェフの大学時代の美術部の人たちの

たまり場となっていた喫茶店のママさんが、今年、90歳あまりで亡くなられ、

その方の「偲ぶ会」をご家族が中心となってなさいました。

浅野屋マックスの16名の貸し切りです。

前日の夜には、しばらく使ってなかった宴会用のグラスを洗ったり、

準備が深夜に及びました。

みんなの集える場所を長きにわったって提供されたママさんを偲んで、

お集まりの皆さんのお話が弾みました。

学生時代とはすっかり風貌の変化した面々ですが、

お酒も入るとお互いにニックネームでよびあい、和気あいあいの会でした。

ご家族の最後のお話し、

「ずっと専業主婦だった母が50歳を過ぎてから、学生街の喫茶店を初め、

精根込めて働く姿を高校生だった私は不思議に思っていた。

でも、自分もその年令になり、学生さんに接する仕事をしてみて、

初めて母の気持ちがわかった。

本当にみんなのことが可愛かったんだと」いうお話が心にしみました。

喫茶店で使われていた落書きノートの登場には、

「イヤ、幼稚なこと書いて恥ずかしい」といいながら

皆さん熱心にのぞきこんでいらっしゃいました。

ところで、私が驚いたのは、その仲間に4組の御夫婦がいらしたことです。

16名中実に7人が学生時代からのお付き合いで結婚されているという、

(残念ながら残りの1人は所用で欠席でした)

実に成婚率50%。

その日働いていた浅野屋スタッフの学生さんも

「喫茶店で知り合って結婚できるものですか?

大体、隣の人とどうやって話すんですか?」

という驚きは現代学生事情を物語っています。

それはやはり、その場を作られたママさんのお人柄なんでしょうが、

休講があると喫茶店で話し込み、

ついには次の授業もサボってしまうなんていう、

私達世代の緩やかな時間の流れがあったのかもしれません。

生身の人間がぶつかり合って、振り替えれば、

赤面しそうなことを言い合っていた頃が私も懐かしく思い出されました。

私のもうひとつの疑問。

みんなよく毎日喫茶店に行くお金があったんだな、って。

昭和40年後半から50年、コーヒーはいくらだったのかな?

娯楽と言ったら、喫茶店か映画館くらいだったあの頃の熱気が

そのまま伝わる、温かい会となりました。



2017年6月23日 (金)

No.616  6月23日からの変則営業のお知らせ

既にお知らせしている通り


6月23日(金)ディナーご予約満席
  24日(土)ランチ 通常営業、 ディナーご予約満席
  25日(日)ランチ、ディナー共に通常営業
  26日(月)臨時休業
させて頂きます。お入りいただけるお日にちが少ないため、

ご予約をお勧めします。よろしくお願いします。

ある日の夕方、6時でもまだ明るいこの頃、

カウンターには以前からのお客様のご年配のご夫妻、

そしてこれから友人のライブに出掛けるという、

これまた30年来のお客様のO氏など。

近くの会社のお勤めを終え、ご来店された女性のお客様は、

O氏とライブ談義に花が咲いていました。

お帰り際に、「良いわねえ、こんな光景。熟年の御夫婦がいて、カウンターで。

まるで映画のワンシーンみたい」といいながら

景色を楽しんでいらっしゃる様子。

私も良いわねえ、とながめていると、

「さてと、帰ろうかな。現実が待ってるから」と腰を上げられました。

色々な人がホット一息つくカウンターに、どうぞお越しください。


.

2017年6月13日 (火)

No.614今です、千種公園ユリ園

先日の土曜日、出勤途中に、いつもになく沢山の人が歩いているな、

と思っていたら、皆さん千種公園のユリ園を目指していたようです。

毎日通っているけど、いつの間にかそんな季節になっていました。

梅雨入りした後も東海地方は晴天が続き、

よい風が吹いて過ごしやすい日が続いています。

私も、今日は出勤前に公園の中にちょっと立ち寄って見ました。

お馴染みの白いユリに混じり、

S034

赤やピンクや黄色など色とりどりのユリがスックと立っています

満開には後少しかな。

S037

今週いっぱいは楽しめそうです。

S023

S028

広い公園の南西角の一角ですが、

カメラをもった方や、車椅子の老人施設の方で賑わっていました。

梅雨の晴れ間の散策にいかがですか?

お帰りには、浅野屋にお立ち寄り下さい。

15日(木)は満席になりそうです。

お出かけにはお電話のご予約をお勧めします。

千種公園といえば、

戦前は零戦を作る軍需工場としてして大勢の人が働いていたとのこと。

公園の一角には工場の外塀を爆弾で撃ち抜かれた、

生々しい壁がモニュメントととして残されています。

S040

ユリ園のすぐ近くにひっそり立つその壁もぜひご覧下さい。

浅野屋の立つ通りは環状線の市電の停留所から、

軍需工場やその先の紡績工場へ通勤される方で、

とても賑わっていたとは、地元のお年寄りからお伺いしました。

今も所々に残るお店の後はその名残のようです。



.




2017年6月 1日 (木)

No.611西本願寺ライトアップ

開業以来あわただしい日を送っていますが、京都の母の顔を見るため、

思いきって、実家に帰省しました。

当日は、西本願寺で夜間のライトアップをして、

国宝の書院など普段見られないところ一般公開していると言うので、

出掛けることになりました。

肝心の母は長い距離を歩くことができず、行けないとのこと。

京都にいる娘と二人で出掛けました。

午後7時からの開始ということですが、すごい人出と聞いています。

到着は薄暗くなった7時半過ぎになったけれど、

整理券の番号順で入場は9時10分という盛況ぶりです。

幼稚園、大学と

S015

本願寺境内地で育った私には見慣れた長い築地塀も重要文化財。

S016

いつも閉まっていて時々時代劇のロケがあった唐門は

国宝と全てライトアップされています。

S017

待っている間に通い慣れた大学の学舎も訪れましたが、

こちらもほとんどの建物が重文で、

当日は綺麗にライトアップされていました。

S027

いよいよ中の拝観。

縁あって、今、西本願寺のガイドもしている娘の解説付きで

ゆっくりと国宝の白書院や北能舞台、お茶席の飛雲閣、

特別名勝の大迫力、虎渓の庭などを回りました。

ぼんぼりに照らされた襖絵や欄間は美術館で見る物とは

全く別物の趣です。

灯りや、暗やみや時の移ろいを計算しつくされた空間は、

まるで絵巻物の中を歩んでいるようで、

周りの皆さんも感嘆の声を上げていらっしゃいました。

残念ながら、書院の中は撮影禁止。

外に出て、お茶室の飛雲閣の灯りが池面に移る様は幻想そのものでした。

S046

最後に御堂の御影堂に参拝してあっという間の40分間でした。

S036

御影堂の屋根を眺めながら、

娘の「奈良の東大寺は大きな大仏さんを納めて、

国家の安穏を願う場所、比叡山延暦寺は修行僧のためのお堂、

本願寺お堂は一般の人々がお参りするためにこんなに大きくなった、

他にはない信仰の場所」という説明が

忘れられない一夜の締めくくりとなりました。

本願寺のライトアップは、熊本地震の寄付金を納めるのみで、

基本無料でしたが、5月31日が最終日でした。

タイミング良く京都に帰省できラッキーでした。

母が一緒に行けず残念でした。元気にはしてくれているけれど、

少しずつ出来ないことが増えて来るのは、仕方のないことなのかな。



2017年5月29日 (月)

No.610 新しい出会い

日曜日の朝、気がつくと9時半。きゃーっ、寝過ごした、

遅刻だーと飛び起きました。

前日の土曜日は、帰宅すると午前1時。

遅い夕ごはんを食べ、家事をしてお布団に入ったのが午前4時では、

寝坊もするわ。…、とこんな毎日、

ブログ更新が心にかかりながらも、かなわずです。

待って下さってたお客様の他にも、

「あれ、見たことある看板が」と気付き、入ってきて下さる方も。

縦置きの看板と、のれんの文字は、今は亡き私の父の筆に依るものです。

S005_3

皆さんの印象に残る文字を揮豪してくれた父に感謝です。

そんな中にこちらに引っ越して来てからのお客様の姿も

見るようになってきました。

続けて2度3度と入って来て下さる方も何人もいらっしゃり、

新しい出会いが始まっています。新しい出会いにワクワクです。


.

2017年5月19日 (金)

No.609 ありがとう

次々と常連さんだったお客様がいらして下さり、嬉しい悲鳴です。

心配していた、慣れないカウンターでの営業も、お客様との距離も近く、

好評のようです。カウンターの効率の良さに、

改めて感心したりしています。

特にランチ時。お一人でのご利用の後、すぐ次の方が入られ、

二人掛けよりも席の回転が早いです。

020

そんな先日のあわただしいランチの時、

以前からのお客様だった青年が、お帰りの時、

「再開してくれてありがとう」との言葉を残して帰られました。

本当にうれしかったです。「待っててくれてありがとう」とお伝えしたいです。

S007

6月19日(金)はご予約のため、通常営業はお休みさせて頂きます。

6月20日(土)の夜もほぼ満席となっております。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。



2017年5月18日 (木)

No.608 92歳現役です

開業以来バタバタが続いていて、

今までアルバイトスタッフにしてもらっていたことに手が回りません。

領収書のはんこ押し、はし袋のはんこ押しと、箸の袋詰めなど。

当たり前に使っていたものも、みんなの力あってこそでした。

袋詰めした箸がどんどん少なくなってくると、心ぼそくもなります。

そんな時、頼もしい見方はシェフの92歳のお母さんです。

はんこと箸と領収書を持ち帰り、お願いすると喜んでやってくれます。

何度も確認をしながらの作業は、

「ウーン、私が自分でやったほうが早い」と思いながらの、付きっきりでした。

でもコツを覚えれば、2度目からは、要領も得、

とても腕が上がり早くなってきました。

S008

何よりもやっているときの集中力がすごい。

手先を動かす作業はボケ防止にもなり、本人も参加できることへの喜びで、

いきいきしています。

箸の袋詰めはお母さんの仕事にこれからもなりそうです。

S006


.

2017年5月10日 (水)

No.606 満員御礼

とにかくすごく忙しくて、ブログアップもできずに、ごめんなさい。

帰宅して食事を済ませると、そのまま眠ってしまい、

動けない日が続きました。

ゴールデンウィークの3日間は、

ランチ、ディナー営業をほぼ二人で回しましたが、

カウンターはあっという間に満席になり、ヘルプが入ってくれた日は、

さらに回転が良くなり、あわただしく過ぎていきました。

待っていて下さったお客様の多さに感謝です。

店の前にはすぐに「ただいま満席」とか

「本日は終了」とか貼り紙が出ますが、全く予約が取れない訳でもないし、

タイミング良く、飛び込みで座れる方もいます。

当日の朝は、まだご予約に余裕があることが多いので、

お電話でご予約をお勧めします。

ゴールデンウィーク明けの8日は貸し切り営業でしたが、

当日魚屋さんから、珍しい「サクラ鱒」が入っているとの情報。

急遽、メニュー変更で

「サクラ鱒の軽いソテーと季節の焼き野菜」を加えました。

ウーン、サービスも私ひとりなので美味しい写真を撮ってる暇がありません。
魚を少し多めに取り、

S003

S005

先日、誕生日だった娘と私のために「サクラ鱒のソテー、木の芽ソース」を

作って、休日に家族で食事を楽しみました。

S006

色鮮やかなサクラ鱒は、鮭に比べると優しい印象。

お味も穏やかで、深い甘みを感じました。

たくさん作った木の芽味噌でタケノコも和えて、

季節の恵みを堪能しました。

魚屋さんも休みが終わったので、

木曜日からは、「鮮魚のフリット」が始まります。

ビーフシチューはもう少しお待ち下さい。



.


2017年5月 3日 (水)

No.605 商売道具の多さ

初の土日通し営業をシェフと私と二人で乗りきり、ふらふらです。

ありがたいことに、以前からのお客様が続々と訪ねて下さり、皆さん、

同じメニュー、同じ味に「懐かしい味」、「ほっとした」と口々に。

その席の合間を縫って、

地元の皆さんも開業を楽しみに待って下さっていたようで、

次々といらっしゃいます。

ずっと前からのお客様のご年配の男性が

「気楽にやりたいからこうしたのでしょ。だから気を使わなくていいよ」と。

全般に客席が狭い分、お客様も和気あいあいの雰囲気です。

できるだけコンパクトにせざるを得なかったがために、

少し忙しくなるとストックがなくなり、てんてこ舞いです。

3連休をいただきましたが、

今日は換気扇の付け替えとコンセントの増設、

そして、冷蔵ショーケースを入れました。

客席は狭くなったけれども、もう少し動きやすくなれることを願います。

工事の前に置いてある道具を移動。

まあ、商売道具の何て多いこと。冷蔵庫、ガスオーブン、鍋、釜を初めに、

食洗機、炊飯器、ポット、コーヒーメーカー、ビールサーバー…。

お皿も何種類も、コーヒー豆に紅茶に、お茶に…。

あっという間に作業台が埋まります。色々と道具のいる商売だな、

と改めて感じたこの頃。

そして、今までスタッフのみんなに

たくさん助けてもらっていたんだなともしみじみ感じます。

仕込み、準備、電話、掃除、そして後片付けも

二人でこなすのは大変でした。

通し営業の二日間は帰宅すると、まず、座ったまま寝ていました。

そんなわけで、料理の写真はこの1枚しか撮れませんでした。

モッツァレラとトマトのサラダ  1100円

S002

水牛のモッツァレラと今はフルーツトマトでバージョンアップです。


2017年3月18日 (土)

No.595 自分たちの店にするために

看板が付き、内装工事が始まり、あわただしくなってきました。

先に入っていた厨房器機を取り外してもらった後、

厨房の掃除を本格的に始めました。

高いところも脚立に乗り、ごしごし。

でも、天井に近いところは、さすがに怖いです。

主婦力を発揮して、伸縮性のハンディモップに雑巾を取り付け、

洗剤をスプレーで振りかけて擦って、油汚れを取ったり。

すべては自分たちではやりきれないまでも、シェフと二人で、

こすったり排水溝の掃除をしたり。

たいへんだけど、きれいになると、

「ビフォアー、アフター」と顔を見合せ嬉しくなり、

段々自分たちの店になるんだという実感が沸いて来ます。

掃除をしながら、シェフに「今までどこの厨房がきれいだった?」と

聞いてみると、

即座に「コート ドール。すべてがピカピカだった」という返事。

えっっ? 私はすっかり忘れていたけれど、

東京三田にあるフレンチの名店コートドールに食事に行った際に、

シェフの斎須政雄さんの著書にサインをお願いしたことで、話しが弾み、

厨房を見せていただいたとのことです。

私より一緒に行った娘がはっきり覚えていました。

ピカピカの厨房は斎須シェフの仕事に対する心の現れです。

家に何冊かあった斎須シェフの本はどれも面白かったことを思いだし、

「あ、それブログに書こう」というと、慌てたシェフ。

「自分の厨房を見たいと言われたら、困るな~」と、頭を掻いてました。

でも、二人でコツコツやってるから、初心忘れず、

これからも、掃除に励みます。

綺麗なことは気持ちの良いことです。


  「一見ありふれたもののようではあるが、

いったん口にするとその鋭さに圧倒される。

本当にいいものはなんでもないように普通の顔をしていて無駄がない。

こんなのが、僕の理想型です。」 斎須政雄「十皿の料理」より


今日は消火器やごみネットなどの地味なものの買い出し、

そして、保健所に開業申請に行きました。

S026

S008

店から徒歩5分くらいのところにある千種公園と通勤路の青空。

千種公園のユリ園は、開業後の5月下旬から6月に見頃を迎えます。

緑一杯の大きな公園を通って、店に向かいます。心のなごむ一時です。





より以前の記事一覧